第108話

  二

 湖上の破槌城天守閣で、甚左衛門は遠眼鏡ツァイスを目に当て、御所の様子を見守っていた。

「上様、妙な具合です。なにやら戦闘が始まっているような気配で御座います」

「なにっ! 戦闘とな?」

 上総ノ介はぐいっと身を乗り出す。甚左衛門の遠眼鏡を毟り取るように奪うと、目に当てる。

「なんじゃ、あの影は? 二輪車の列に突っ込んでいるぞ! あっ!」

 遠眼鏡を離す。上総ノ介の表情は焦燥に険しくなっている。

「将が片端から殺られておる! なんということじゃっ! あれは物の怪であるか?」

 甚左衛門は、すでに上総ノ介の言葉が終わらないうちに天守閣から飛び降りた。階段を駆け下りるなど、まどろっこしい!

 だんっ、と屋根に飛び降りると、そのままひらり、ひらりと四層の屋根を次々と飛び降りる。

 ようやく一階に飛び降りると、うまやへと走る。

二輪車うまを引けえっ!」

 叫ぶと、厩に繋がれている二輪車に跨り、梶棒アクセルを回すのももどかしく飛び出した。

 あんまり勢いよく梶棒を回したため、二輪車は棹立ウィリーちになる。それを押さえつけ、甚左衛門は城から京の都へと飛び込んでいく。

 好機チャンスである──!

 遂に〈御門〉の謎が明らかになるのかもしれない。

 甚左衛門は我知らず、笑いを頬に浮かべていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます