第105話

  五

 ぷかぷかと湯の中に数人の河童が、のんびりとした顔つきで浮かんでいる。皆、手足をだらりと伸ばし、水母くらげのごとく漂っている。中には人間の所作を真似して、頭に手ぬぐいを載せている河童もいた。

 すっかり河童淵の河童たちは湯に浸るという快楽に浸っていた。こうして暖かな湯に全身を浸けているだけで、あらゆる心配事が溶けていきそうだ。もっとも河童という生き物は、心配事など本来あまりしないものだが。

 とりわけ湯に浸かることを好むのは長老だった。小柄な身体が湯に浮かび、長くて真っ白な頭髪と髭がゆらゆらと湯に漂う。

 不意に長老は目を開いた。

「ん?」

 首を傾げる。

 同時に隣で湯に浸かっていた河童も目を開き、長老と目を合わせた。

「長老さま……?」

「うむ」と、長老は重々しく頷いた。

 ざばりと湯から立ち上がり、地面に這い上がった。

「今の〝声〟は、なんじゃろうな?」

「滝のほうから聞こえましたな」

 杖をとると、よちよちと歩き出した。長老の歩みに釣られ、河童淵の河童たちも集まってくる。それまで湯に浸かっていた河童たちも慌てて長老に従った。

 長老は首を捻っていた。

「さっきの〝声〟は、河童の〈水話〉のようじゃったが」

 ぞろぞろと河童たちは滝の方向へ向かっていく。男も女も、幼い河童の子供たちも混じっている。

 その集団を見回し、長老は呟いた。

「三郎太がおらんの」

 隣で歩く河童たちは、改めて三郎太がいないことに気付いたようだった。

「あっ、あれを!」

 先頭を歩いていた河童が声を上げる。その声に顔を上げた長老は目を見開いた。

 前方に水虎さまの像が見えてくる。

 水虎さまの像を見上げた長老は呟いた。

「お! 水虎さまの目が開いた……」

 長老の言葉どおり、水虎の像の双つの目が開いている。それまではただの石に刻まれた目の形の窪みだったのが、今ではかっと見開かれた両目が、いやに生々しく宙を睨んでいた。

 水虎さまの像の頭部に人影が見えた。河童の一人が指を挙げ、叫んだ。

「あれは……三郎太では御座いませぬか?」

 その言葉に長老は小手を挙げ、目を細めた。

「うむ、確かに三郎太のようじゃ。あんなところで何をしておるのじゃ?」

 頭部の上から三郎太は集まってきた河童を見下ろし、叫んだ。

「河童淵の河童たちよ! 今こそ、お前たちの使命を果たす時が来た! さあ、水虎の像の前へ集まるのだ!」

 三郎太の叫び声は普段とは違い、轟くようで威厳に満ちている。三郎太の命令に、河童たちはふらふらと誘われるように集まってくる。

 長老は三郎太を見上げ、叫び返した。

「三郎太、何を言っているのじゃ? 我らの使命とは、なんじゃ?」

 三郎太の目と長老の目が合った。三郎太は大きく両手を開き、叫んだ。

「河童たち、唄え!」


 ────ん……!


 水虎さまの像から低く大きな〈水話〉が響き渡る。その瞬間、総ての河童は動きを止めた。目が虚ろになり、口が開く。


 ──牟──ん……!


 水虎の発した〈水話〉と同じ音を出す。長老もまた、皆と同じように口を開け、発していた。

 全員の〈水話〉が重なり合い、滝に反射して一つになる。

 と、水虎の両目が光り出した。

 河童たちは忘我の状態にある。ただ精一杯の力で水虎の〈水話〉に合わせ、ひたすら声を張り上げている。

 水虎の両目は、さらに輝きを増した。

 両目から発した光は、真っ直ぐ苦楽魔くらまを照らしている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます