第94話

  四

 はらりと時姫の長い髪が額から目にかけて垂れ下がる。それを指で掻き上げ、時姫は顔を上げた。

(時太郎! 生きていた!)

 喜びが湧き上がる。あの時、三郎太に託してその後は別れ別れになったのだが、こうして元気な姿を見ることができた。目元の痣、間違いない。

 ──時姫……

 深々とした〈御門〉の声が時姫の頭の中で響き渡る。

 びくりと時姫は肩を震わせた。

 ──〈鍵〉を渡せ……余には、あれが必要なのだ……

 時姫は目を閉じた。心気を凝らし、息を整える。「聞こえ」の力を蘇らせる。

 辺りに満ちる〈御舟〉の〝声〟が時姫の心に触れる。時姫はその〝声〟に身を委ねる。

 

 ──無駄だ……いくら〈御舟〉の〝声〟に耳を澄まそうと、〈御舟〉は、そちに応えてはくれぬぞ。

 それより余に〈鍵〉を渡すのだ!

 

 執拗に〈御門〉は時姫に命令している。時姫は無視している。

 ここに連れられてからというもの、執拗に〈御門〉は時姫に〈鍵〉を渡すように命令する。だが、時姫は一度たりとも返答したことは無い。

 ──くくく……

〈御門〉がわらったようだ。

 ──お前の息子、時太郎と言うのか……

 時姫は顔色を変えなかった──つもりだったが、動揺は隠せない。〈御門〉の気配が、舌なめずりしそうなものに変化した。

 ──今、検非違使たちが信太屋敷に向かっておる。捕えるのも、時間の問題だな。お前の息子なら〈聞こえ〉の力も持っておろう……。〈鍵〉の在り処も、息子に聞けば判るかもしれぬな……

 時姫は両目を開いた。

「時太郎は、何も知りませぬ! 無駄なことです!」

 ──おや、ここに連れられて初めて口を利いたな。やはり息子は大事と見える……。

 言え! 〈鍵〉は何処にある?

 時姫は強く目を閉じた。身を固くして必死に溢れてくる悲痛な思いに耐えている。

〈御門〉は、それからも執拗な尋問を続けていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます