第92話

  二

「上総ノ介の戦支度じゃ!」

「都大路に多数の二輪車が集合しておる!」

「上総ノ介は御所を占領してしまう!」

 緒方上総ノ介の二輪車揃えは京の公卿たちに衝撃を与えていた。

 御所では公卿たちが額を集めて根比べのように延々と秘密会議コンクラーベを開いていたが、結論は出ず、ただ大声で叫びあっているだけだった。

「落ち着け! 慌てては、彼奴等の思う壺に嵌ってしまうぞ!」

 その中で藤原義明はさらなる大声で叱り付けたが、義明自身が額からびっしりと汗を掻き、おろおろと右往左往しているだけである。

 夜が近づき、御所のあちこちには非常事態に備え、篝火が焚かれ、煌々と辺りを照らしている。

 と、義明の懐から「ぶぶぶ」という移動行動電話の震動音。

「なんじゃ、このような時に……」

 ぶつぶつ呟きながら義明は移動行動電話を取り上げ、画面を覗き込んだ。

 電子矢文を読む。

「時姫の息子、時太郎。京の信太屋敷に」

 と、簡潔な文面である。

 添付された画像を目にした義明の目が大きく見開かれた。

「時姫の息子──」

 はっ、と顔を上げる。

「そうか!」

 叫ぶと、急ぎ足になって会議を抜け出し、御所の角々で立哨している検非違使に近づいた。

「これ、そのほう……」

 義明の呼びかけに検非違使はぐいっと顔を向けた。

 奇怪な面を被っている。面の双つの目がぐりぐりと動いて義明の動きを追っている。その異様な姿に義明は一瞬、たじろいだが、それでもごくりと唾を飲み込み、話しかけた。

「これを見てたもれ」

 義明は画面をしめした。検非違使は無言で画面に見入った。

「この小僧を連行せよ! 名前は、時太郎。信太屋敷に現れた。よいか、この小僧が時姫の息子なのじゃ。こ奴を召し取れば、時姫に〈御門〉が欲しがるものを差し出すことができるかもしれぬ。これは〈御門〉のご命令であるぞ!」

 検非違使は頷き、身動きした。

 くるりと背を向け、立ち去っていく。どういう連絡があったのか、その検非違使の周りに他の検非違使たちが続々と集合し、無言のまま移動していった。

〈御門〉の命令というのが効いたのだ。それ以外では、検非違使は公卿の命令に従うことは、まず絶対ない。

 検非違使を見送った義明は大股にその場を離れ、ある場所を目指していた。

 行き先は、時姫の囚われている牢である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます