第83話

  六

 翌朝、時太郎とお花は狸御殿に戻り、翔一と再会していた。

 正門に連れ出された翔一は、ひょこひょことした頼りない足取りで現れた。時太郎は声に驚きを含ませて訊いた。

「お前、本当に翔一か?」

 時太郎は思わず真顔で尋ねていた。

「はぁい……」と、答えた翔一は、僅かの間にがらりと面変わりしていた。

 あれほどまでにふくよかだった顔つきは、げっそりとやせ細り、肉が落ちたのか、頬の皮膚がたるんで垂れ下がっている。大きな眼鏡の奥から覗く二つの目玉は、落ち窪んだ眼窩からぎょろぎょろと飛び出さんばかり。

「どうしたんだ! 病気か?」

「いいえ」と翔一は首を振った。どういう訳か、顔には薄っすら笑いを浮かべている。なんだか、幸せそうでもある。

「わたくし、大人になった心持で御座います。さ、参りましょうか」

 その時、翔一は地面の小石に躓いた。倒れはしなかったが、ぴょんと飛び上がった翔一は、奇妙な叫びを上げる。

「ほほほほほほ!」

 ぴょん、ぴょんと何度もその場で飛び上がる。腰を抑え、膝を屈めた。

 うっ、と仰け反り、朝日を眺めた。

「ああ、お日様が黄色く見える……」

 時太郎は「処置なし」と天を仰いだ。どん、と翔一の肩を叩く。

「行こうぜ! 随分と手間取った」

「あ、いけません! そんなところを叩かれては、で、出てしまう……」

 股間を押さえ、眉を顰めた。

 と、狸御殿から姫の叫び声が聞こえてくる。

「翔一さま──! またお出でくださいませね──! 姫は待っておりまする──」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます