第46話

  二

 そこには草が一面に生い茂っていた。

 草の隙間から、焼け焦げた柱や、崩れた塀が覗いている。

 やや開けた場所に土が盛り上がっている所があり、その上に一抱えもありそうな岩が置かれている。三郎太は時太郎を連れ、土盛りの前に並んだ。

「ここに、源二という男が眠っている……」

 三郎太の表情は、厳粛なものだった。

「その源二という男が、お前とお前の母さんを、最後まで守ってくれたのだ。おれは、あいつのために、ここに墓を掘ってやった……」

 一息ふーっと入れて、いつにないほどの真顔を作り、三郎太は時太郎に向き直った。

「お前は、ここで生まれた……。お前の母親の名前は時姫。信太しのだ従三位の娘、時子だ。いいか、憶えておけよ!」

 時太郎は口の中で、三郎太の口にした母親の名前を繰り返した。

「母さんは、どんな人だったの? 綺麗だった?」

 三郎太は遠くを見るような目になった。

「不思議な娘だったな……。もちろん、綺麗な娘だったが、それよりは、不思議な娘という感じが強い。〈聞こえ〉の能力ちからというものを持っていて、時々おれには聞こえない何かを聞いているようだった」

「その〈聞こえ〉の能力だけど、何を聞くんだろう?」

 三郎太は首を振った。

「判らない……。あれは、おれに説明してくれたが、結局のところ何が言いたかったのか、今でも謎だよ」

 三郎太の手は、ふらふらとさ迷った。

 苦笑いをして時太郎を見る。

「しかしまあ、お前にも母さんと同じ〈聞こえ〉の能力があるのだろうから、いずれ判るときが訪れるんじゃないのか?」

 山並みに顔を向けた。

 二人が立っているところは、やや高台になっていて、木々の隙間から遠く霞がかって、山並みが連なっている。

 三郎太は指さした。

苦楽魔くらまは、あの山並みの中にある。水虎さまの像が見ている方向が、苦楽魔だ。だから、河童淵から流れている小川に沿って歩いていけば、いずれ天狗たちの結界に入るだろう。河童の足なら……いや、お前の足なら、三日も歩けば辿り着ける」

「父さんは天狗に会ったこと、ある?」

「昔のことだが……まだ、お前が生まれていないころ、母さんとも会う前、おれは河童淵以外のところに河童がいないものかと、あちこち旅していた。その時、天狗の住処にも立ち寄ったよ。馬鹿な真似をしたもんだ。このなりで会おうとしたんだからな」

 三郎太は苦笑した。三郎太は普通の河童と同じ、下帯一丁の姿である。

「あとで人間から着物を借りて、ようやく会ってもらえた。だが、あまり収穫は無かったな。しかし、天狗たちというのは変わっているな」

 時太郎は「どういうこと?」というように、眉を上げて見せた。三郎太は肩をすくめた。その所作は、人間たちがよくやる仕草で、河童は絶対やらない。「あちこち旅を」してきたせいで、人間の癖が移っているのか?

「まあ、行ってみれば判る」

 三郎太は、悪戯っぽく笑った。

 さてと、とでも言うように、三郎太は腰に手を当てた。

「それじゃ、時太郎。行って来い! 旅の無事を祈っているぞ。首尾よく天狗の協力が得られたら、母さんを探しに京の都へ行くんだ。そうだ、お前に渡しておくものがあった」

 三郎太は時太郎に櫛と、砂金が入った袋を渡した。

「この櫛は、母さんがいつも持っていたものだ。京で母さんの行方を訪ねるとき、見せるがいい。ただし! 滅多な相手に見せるんじゃないぞ。信用できる、とお前が判断した相手だけに見せるんだ。それと、この袋の砂金は、旅の費用に当てろ。全部を見せるなよ。人間は途轍もなく欲深い。ほんのすこし、一粒二粒を渡して、反応を見るんだ。とにかく、油断するな!」

 時太郎は三郎太からそれらを受け取り「ありがとう」と礼を言った。懐にしまいこみ、小川に沿って歩き出す。

 最後に振り返り、叫んだ。

「行ってくるよ! 父さん!」

 三郎太は深くうなずいて、手を振った。

 手を振り返し、時太郎は歩き出した。

 それいり、もう振り返らない。

 大股で歩きながら、時太郎は大きく息を吸い込んだ。

 なんだか気分が晴々としてくる。時太郎は前途に希望を感じていた。

 苦楽魔へ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます