第24話

  三

 ちゃり、ちゃりーん!

 金属の涼しげな音色が男たちの耳に届いた瞬間、全員の動きが止まった。

「そうれ! 早いもの勝ちだぞ!」

 もう一度、源二は手の中のなにかを撒き散らす。

「金だ!」

 一人の男が喚いた。

「金だぞ!」

 わあっ、と男たちは立ち上がった。

「馬鹿、やめろ!」という甚助の制止の声もあらばこそ、男たちは目の色を変え、源二が撒き散らした銭に殺到する。

 足元に転がった一枚を摘んで、甚助は首を振った。銭は新鋳の永楽銭だ。この辺りでは、一枚でびた銭数枚分の価値はある。

 くそお……。やられた!

 甚助は地面に放り出された火矢を掴むと、きりきりと引き絞る。

 ひょお……、と火矢は空中を飛んで屋根に突き刺さる。

 途端に、乾ききっていた藁屋根は、めらめらと燃え上がった。

 が、源二は屋根にいなかった。とっくに、退散していたのである。

 それを見てとった甚助は、慌てて走り出した。わざと手薄にしていた北側が心配になってきたのだ。

 燃え上がる屋根が、辺りを明るく照らし出している。

 裏手に回ると、がらっと音を立て引き戸が開かれた。中から源二が女の手を掴んで飛び出してくる。

 間に合った!

 甚助は薄く笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます