フィクション

 普通に変わる苦痛の中

 狂うことなく進む渦の中

 肌が色褪せる まだ気を張ってる

 ただ吐息合わせる気にさせる


 崩れる下地 拭えぬ期待

 震える額に触れてるみたい

 放つ文字列 変わる御機嫌

 あがく恋でまだ独りです


 一筆加えひどく切ない

 気持ち伝え黙る室内

 温度交換 今日も強奪

 いつもそうだ 閉じる口内


 わたしなんなの泣かない番だよ

 ひかる桜を映し泣く顔

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます