自分が使う言葉は弱い。


俺が扱う言葉は弱い。

重なり方が足りない齢。

一文書くたびタイプは止まり、

見えない答えに届かず終わり。


見直す言葉の扱い方。

書くたびに失った、恥じらいはさ。

手に届かないまま、明日は未だ。

未来夢見るアルバイターさ。


真っ直ぐ立つにもふらつく空だ。

何かあるたび暗く染まった。

この生活いつか上向くのかな。

まだまだぬかるむようで困った。


同じ言葉繰り返し言葉強さ持つ前に、

己が苦悩遮り他人に咲かす返り血。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!