はなさかガール

作者 蒼山皆水

112

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現代ドラマ? でも......、現代ドラマだろう。SF的と言うか、ファンタジー的と言うか、純粋な現代ドラマとは言い難い点が少々有るが、現代ドラマで構わないと思います。
読んでみれば分かるが、ハナちゃんを応援したくなる気持ちが募ると思います。
ハナちゃんの境遇をドラマチックに演出する小道具がアレであるに過ぎず、本筋はハナちゃんの心の揺れ具合だと思います。
良い物語だと思います。
因みに、文章も読み易いです。花言葉のサービスもGOODです。

★★★ Excellent!!!

まずタイトルが気になった。はなさかガールである。はなさかじいさんは知っているが、ガールってなに!?となって手に取った。
彼女は生まれながらに花を咲かせることができる特殊な能力を持っていた。毒のある花、観賞用の花、様々、自由自在に咲かせることができる彼女の特殊能力はぼくにはとても美しく、魅力のあるものだった。

この物語のいいところ。それはとにかく主人公のまっすぐさと、人を思いやる気持ち豊かなところだと思う。等身大の女の子なんだけど、実に純粋。だから彼女を心から応援したくなる。大切な友人を助けに行きたい、大切な人を巻き込みたくない。ドキドキしたり、不安になったり、ほんわかしたり。いろいろな気持ちも主人公とともに一緒に味わうことが出来た。

そしてぼくはラストにぐっと来た。こういうラストだったと、冒頭を読んだときには思いもしなかった。ちょっとした謎解きも仕掛けられていて、それが分かった瞬間、楽しみが膨らんだ気がする。

咲いたのはきっと笑顔の花なんですというレビューのタイトルの通り、ラストに咲く花と笑顔をぜひ、見ていただけたらと思う。

★★★ Excellent!!!

花を咲かせられるという主人公の能力。
施設にいるという境遇。
異能力の制限。
そして張り巡らされた伏線。

思わず唸ってしまいました。
まさかまさかの何気ないあの部分が、最後につながるとは。

物語としても綺麗にしまっており、非常に読みやすい作品でした。
素晴らしい物語、ありがとうございました

★★★ Excellent!!!

最後の展開にはとても感動させられました。

ひた向きに頑張るハナちゃんのことが好きになりました。そんなハナちゃんの周りの人物も優しい人が多くて。

決して裕福な家庭ではないですけどそこにも温かみがあって、そんな環境で頑張るハナちゃんを応援したくなります。

是非一読を

★★ Very Good!!

読んだ後に幸せな気持ちが訪れる、
とてもいい話です。

ハナちゃん、犬童さん、奏ちゃん、施設長……
登場人物たちも、いい人ばかりで。
(悪役も登場しますが)

手から花を出すことのできる
「具現者」である主人公がトラブルに巻き込まれ、
それを「ある方法」で解決する、というストーリー。

いくつか謎めいたことが提示されて
それを終盤でストンストンと回収していくのも
心地よく楽しめました。

この短編を見事に彩ってくれたハナちゃんに会えたら、
ぜひスミレの花を贈ろうと思います。
(花言葉は「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」)






★★ Very Good!!

前向きに頑張っているハナは見ているだけで応援したくなってきます。
初々しく恋しているところもとても可愛らしい。

と、そこだけで終わらないのがこの作品の魅力です。
終盤の展開には、そう来るのか! と驚かされました。
そして余韻のあるラスト――

しっかりと組み立てられた物語は心地いいものです。
とても楽しめました!

★★ Very Good!!

 読後、美しい流れだ、と思わず頷きました。ただ、ただ、綺麗です。

 決して人と比べて裕福ではないけれど、周囲の人達に支えられ、折れず、腐らず、陽の光差す方へ伸びていく花――ハナ――のような主人公にも好感が持てました。

 そして、彼女の持つ異能、リアライズこそが、エッセンス。ラストに、まさしく花を添えますね。

 楽しく読ませて頂きました、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

凄くざっくり要素だけでジャンル分けしてしまうと、ライトな異能力モノ……ということになってしまうのかもしれないですが、そういう表現が生み出す先入観で一括りにしてはいけないような、ちょっと変化球気味の短編です。
むしろ、終盤のミステリ的な味付けが一番の見所かもしれません。

癖のないキャラクター造形と爽やかな読み味は、たぶんライト文芸などがお好きな人ならツボに入るかと。
綺麗にまとまったいいお話でした! 

★★ Very Good!!

 ジブリ作品に登場しそうな可愛らしい女の子でした。
 そんな素敵な彼女は能力を失っても、きっと周りに笑顔の花を咲かせることでしょう(^_^)
 可愛らしいハナちゃんのイメージが強いですが、
 私はミステリーとしても良い作品だと思います。
 最初から少しずつ丁寧に伏線を置いていって、最後で綺麗に回収しているように見えるのですが、いかがでしょう?

★★★ Excellent!!!

一話から自分の事を出すあたり、おいおい作者アオヤマ!(失礼笑)と思いながら読みましたが、綺麗な伏線回収、キャラ設定の明確な差別化や、なんやらで凄く丁寧に練って纏めていて、楽しかったです!
ニヤニヤしながら読みました。
漫画化というよりは、アイドルとかの主演の二時間ドラマとかの原作にぴったりな気がしますが、キャラが敵キャラにしても魅力的で良い味を出してて面白かったです!

★★★ Excellent!!!

ストンストンストンと
すべてがキレイに収まります。

健気で元気。
とってもほほえましい。

丁寧に読めば読むほど、いとをかし。
それにしても
やっぱりかわいらしいです、ハナちゃん。

★★★ Excellent!!!

いいお話でした~!

ハナの苦悩と喜び。そして、最後に待つのは涙。そのストーリーはまるで蕾から徐々に花開くような展開。勿論、最後は満開の結末!

清々しく、そして胸一杯になる最高のお話でした!

★★★ Excellent!!!

けなげなハナちゃんに心打たれました。
恋って……素敵ですね。って何言っちゃってるんだろ。

とてもほんのりする作品でした。
具現化の能力も、普通ならもっとド派手なことに使われるところですが、その部分がかわいらしく書かれているのが、こちらの作品ならではだと思います。

★★★ Excellent!!!

第1話をまず読んで、日を跨いで第2話目以降を読んで、驚きました。
粗筋にもあるように、異能者リアライザーのお話なのは認識しながら読んだものの、おっとこんな展開になるの?と思った矢先に次から次へとテンポ良く進み、最後はほろりと~ネタバレになるのでこれ以上は読んでね。
とにかく、ハナちゃんが物凄く魅力的でチャーミングで、うちにもこんな娘が欲しいと心から思いました。

そして、かつて『超少女明日香』という往年の名漫画家 和田慎二先生の作品に嵌ったものとしては、ぜひハナちゃん主人公でシリーズ化して欲しいと切に願います。

なお、このお話は「赤(紅)」がメタファーに使われているのに途中から気付いて、ハナちゃんが創造する赤い花とお話のあちこちに籠められた様々な「赤」に纏わる想いを連想しながら読ませて頂きました。
有難うございました。

★★★ Excellent!!!

最新3話まで読みました。表題とヒロインが凄くいいです。異能バトルだけど、文章が読み易くラブコメ的な日常メイン。すんなり世界に入れます。小ネタも効いてて、激団緋魔我璃で吹きましたw

続きが楽しみです。

追伸「アオヤマさんはこの前Web小説デビューしたばっかりなんだけど、人気があって僕もファンだよ」

★★★ Excellent!!!

もう続きが気になって気になって仕方がない。
具現化という異能力の描写へのワクワク感も勿論あります。ただそれよりなにより主人公、花咲ハナの全力で生きる健気な姿。もう無条件でエールを送りまくりです。母親代わりのあの人も、バイト先の先輩も、ほんとイイ人。
それらがまるで花畑のように優しく落ち着いた文体に乗って流れていきます。この心地よさは必見ですね。さすがは大賞受賞者(?)

★★★ Excellent!!!

ハナちゃんが超かわいい。
1話目から萌え要素てんこ盛りです。すぐ泣いちゃうハナちゃんとか抱きしめたくなるくらい可愛い。
しかも施設暮らしの薄幸の美少女。
大学進学の資金繰りのために、高3受験生でありながらアルバイトに勤しむ健気な女の子。
ああもう、超かわいい。
いじましくてペロペロしたくなっちゃいますね!
大丈夫、もしも受験失敗しても僕が嫁として引き取ってあげるから!
だから早く画面の中から出てきて下さい!!!

具現化能力というアクセントも見事です。手から植物を出現させるだけなのに、あの手この手で苦難を乗り越えるアイデアの豊富さ!

読み終わってみれば、アクションあり、友情あり、憧れと淡い恋心もあり、親との絆もあり、の優良なエンターテイメントでした。
何か起こるたびに右手から花を咲かせることでトラブルを解決。使い方も多岐に渡り、アイデアの宝庫に感極まりました。

あ、あとアオヤマせんせー、作中ではありますが大人気作家デビューしたそうで、おめでとうございます(笑)。