12 マチダさーーーん!

 フロンデイア軍所属の戦艦「ハコビ・タクナイ」は、中継補給地点である「ポッケスタップ宙域」へと、航行を進めていた。


 先の戦いで、モラウ・ボウが勝手に出撃――彼女は今、5日間の独房生活である――した結果、右腕を破損したカントム。 

 その修理は完了したものの、保有していた金属「ニョイニウム」を、多く消費してしまった。


 整備員達の要求に応じ、補給に立ち寄ることにしたのである。 

 なお、本来の目的地は、「ポッケスタップ宙域」ではなく「ツイットキャスット宙域」であり、フロンデイア軍の戦力が集結し、戦況を立て直す算段となっていた。


 ――物資は、使えば減る。


 これは自明の因果関係のように思われた。


 ◆ 


 戦艦ハコビ・タクナイが向かうポッケスタップ宙域には、フロンデイア軍の小さな拠点があった。


 強力な戦力を有しているわけではない。しかし、各星で産出された物資を星間物流ラインに載せる、「ハブ」としての機能を有した、重要な拠点だ。


 ここに恒常的に大戦力を駐留させておくわけにはいかなかった。


 ――大戦力は、当然ながら、物資を食い潰す。


 せっかく各星から集めた物資が「駐留」戦力に消費されると、物流の効率が悪くなる。


 従って、敵――ここまで攻めこんでくる事態は、現実的な危機としての想定がされていなかったが――に対しては、武力ではなく、「隠密」によって対応すべき、という思想になっていた。


 ポッケスタップ宙域に浮かぶ、無数の小惑星。


 その中でも軌道が安定しているものを選び、内部を簡易にくりぬいてスペースを確保する。なるべく手数のかからない方法で「物資のコンテナ星」とする。


 それぞれのコンテナ星を攻略、破壊するのは、武力的には容易たやすいだろう。


 しかし、それはコストパフォーマンスが見合わない。


 ――特に、補給線が長くなりがちな、遠征軍にとっては。


・無数の小惑星のうちの、どの星と、どの星が「コンテナ星」であるのか?


・どの「コンテナ星」に、指揮中枢があるのか?


・どの「コンテナ星」に、現時点での物資が保管されているのか?


 これらは、外部から特定が困難だ。


 このように、全てのコンテナ星の攻略がコスト的に見合わないよう設計された「宙域クラウド」を構成し、このクラウドに物資を保管プッシュする。そして、必要に応じてそこから物流に流すポップする


 ポッケスタップ宙域の補給拠点は、そのような仕様になっていた。


 戦艦ハコビ・タクナイが軍艦識別コード付きの通信を送ると、艦の前方に広がる星の群れの中の一つが、着艦誘導路を示す緑色のライトオールグリーンを点灯させた。


 「着艦に支障無し」を示す緑色のライトに導かれて、ハコビ・タクナイは、その星の内部空間へと吸い込まれていく――


 ◆


 戦艦の左舷に接続されたタラップから、順次、クルー達が降りていく。


 艦長のキモイキモイが先頭。


 コムロとモラウ・ボウも、その列の中に居た。


 この先は激戦が予想されるため、モラウ・ボウには、独房を一旦出て、補給地での特別行動が許された。ただし、特別行動に要した時間の分だけ、延長して独房入りしなければならなかったが。


「補給要請を受諾くださり、ありがとうございます」


 ザッ!

 艦長のキモイキモイが敬礼をする。右手の先をこめかみ付近にあてる、「C」型の敬礼だ。


 ザザザッ!

 艦長の後ろに、横隊状に並んだ他のクルーたちも、艦長にワンテンポ遅れて、一斉にC型敬礼を行う。


「よくぞ、生き残っていらっしゃった」

 隊列の向かい側に立った軍服の男性も、敬礼し、ねぎらいの言葉を発した。この補給コンテナ星の担当指揮官と思われる。敬礼の際、右の肩に貼り付けられたモクモク雲マークの徽章がちらりと見えた。


「ありがとうございます。クルーを代表して、お礼を述べさせていただきます」

 艦長のキモイキモイは、背筋を伸ばして言った。


 その後、ハコビ・タクナイの整備員等の実務部隊は、コンテナ星の実務部隊と連携して、2交代制での補給作業を開始。


 艦長をはじめとした首脳部は、コンテナ星の指揮官達との情報交換。


 それ以外のクルーは、現地で半日間の特別自由行動だ。

 といっても、1つのコンテナ星の建設にかけるコストは、限界まで圧縮されている。見どころとなる観光施設も無い。


 そんなコンテナ星の、ほぼ唯一と言ってよい娯楽。


 それが温泉テルマエだった。


 物資の搬入・搬出作業などでかいた汗を、現地の温泉でさっぱりと流す。


 ――シンプルだが、心地良い道楽。


 モラウ・ボウもそこに行くと言う。

「コムロも行こうよ! バーデゾーン水着着用の混浴スパもあるらしいし!」


 はしゃぐモラウ・ボウからそう誘われたが、コムロは、あまり乗り気ではないようだ。


「おーい、コムロ君」

 そこに、キモイキモイ艦長から声がかかる。

 艦長は、コンテナ星の、モクモク雲の徽章を付けた指揮官男性と、打ち合わせの最中であった。


「はい、なんでしょう?」

 渡りに船、とばかりに、コムロは小走りで、艦長の元へと向かった。


「もう!」

 ふくれっ面のモラウも後を追う。


「ハッケヨイ指揮官殿、彼が、カントムの生徒搭乗者スチューロットです」

 艦長は、コンテナ星の指揮官男性に対し、コムロをそう紹介した。


「おい、こんな子供が生徒搭乗者スチューロットなのか?」

 ハッケヨイと呼ばれた、中肉中背の男が、露骨に嫌な顔で言う。言葉に棘がある。


「こんなのにまかせて大丈夫なのか?」

 ハッケヨイは語を継いで、両腕を組んだ。軍帽の下の目に、猜疑の色が宿った。


 コムロは、特に気にしていない様子だ。


 一方、ムッとしたモラウ・ボウは、彼女の前に立つコムロの左手をつかんで、ギュッと握った。


「ええ。ハッケヨイ殿。非常に優秀な生徒搭乗者スチューロットで、いつも助けられてます」

 キモイキモイ艦長はそう擁護した。


「本当か?」

 疑わしげな口調の、ハッケヨイ。


 当たりに不穏な空気が滞留していた。そこに――


「あはは、手厳しすぎますよ? 指揮官殿?」

 少し遠くから、女声の、朗らかな笑いが響いた。


 みんなが振り向くと、軍服の女性が、こちらにやって来ていた。


「補給作業の手はず、整えて参りました」

 そう言って、優美なC型敬礼を披露する、軍服の女性。柔らかさの中に、芯のある、高めの声が響く。


「おう、ごくろうさま」

 ハッケヨイ指揮官が敬礼で応じ、この女性をみんなに紹介した。 


 ――マチダ中尉。


 ハッケヨイ指揮官の副官で、有能な事務処理能力を有しているとのこと。 


 しかし、指揮官の説明が無くとも、また、制服の上からでも、彼女が美貌の持ち主である、妙齢の女性であることはわかった。


 ポーッとなるコムロ。

 

 コムロと手を繋いだモラウ・ボウの、反対側に握られたニョイ・ボウが、


 バーデ!


 バーデ!


 と音を発した。途端に赤面するコムロ。


 きょとんとする、周りの一同。


 ――かつての科学者、デンジロー先生が行った、「何人かで手をつないだまま、静電気でバチッ! とイテテテテ」実験のようであった。


「あははは、かわいいカップルさんね」

 マチダ中尉が笑いながら、手をつないだコムロとモラウの方を向いて言った。


 慌てて手を離すモラウ・ボウ。

 

 きょとんとするコムロ。


「おい、仕事の最中だぞ!」

 ハッケヨイ指揮官の注意で、その場が引き締まった。



 ――


 ――


 艦長キモイキモイ達は、今後の行動計画を打ち合わせるべく、戦艦が停泊しているドッグからやや離れた、会議棟へと移動することになった。

 

 コムロとモラウも途中まで同行する。

 温泉テルマエの近くまで、軍用車に乗せてもらうことになったのだ。


 軍用車は大型で、最前列の運転席には下士官と思しき運転手が乗り込み、残りのメンバーは、後方空間へと乗り込んだ。


 コンテナ星側の、ハッケヨイ指令とマチダ中尉。


 それと向かい合うように、戦艦ハコビ・タクナイのキモイキモイ艦長とその副官。そして、おまけのコムロとモラウだ。


 互いに向かい合う、後方座席配置となっていた。


 ブオオオオオ


 ややエンジン音が大きい車。必然的に、会話はやや大声となる。


 「簡易さ」を旨とするコンテナ星の設計思想からだろう。車窓を流れる建物群も、長方形の、分かりやすい物が多かった。


 ――「右に見えますのはー!」的なバスガイドも、不要のようだった。

 

 場は、ハッケヨイ指揮官と、キモイキモイ艦長とが中心で会話が進んでいく。


 ・フロンデイア陣営の、あちこちのニョイニウム採掘星は、敵軍であるリバタニアの急襲を受け、甚大な被害を出したこと。


 ・大抵の駐留戦力が採掘星を放棄し、集結地点へと急行中であること。


 ・結果、ニョイニウムの軍事転用計画に、大幅な見直しが必要になったこと。


 これらは、傍から聞いているモラウ・ボウにも理解できた。


 ――彼女が家族やコムロ達と暮らしていた、採掘星「サンドシー」もまた、そうやって敵に襲われたのだから。


「上層部は大慌てで、量産機の計画修正を行っているところだ」

 ハッケヨイ指揮官がそう言うと、戦艦ハコビ・タクナイの一同が驚いた。


「量産機?」

 座ったまま身を乗り出して、つい、聞いてしまうコムロ。


「子供が口をはさむつもりか?」

 ハッケヨイ指揮官が眉をしかめる。


「まあまあ」

 と、なだめにはいる、マチダ中尉。


 キモイキモイ艦長も、フォローに入る。

「彼は、ホシニ・テツ先生の息子さんなんです」


 ――途端に、ハッケヨイ指揮官の表情が変わった。


「おお! ホシニ先生の!」


「父をご存知なんですか?」

 驚いて聞くコムロ。


「ああ。何度か、お会いした事があった。私は受講生にすぎなかったがね。とても頭の回転が速く、そして、気さくな先生だった……」

 そういって、ハッケヨイは気まずそうにしていた。


 ――コムロの父、ホシニ・テツの死を、報告により知っているのであろう。


 ……しばしの沈黙。


 この空気をゆるやかに押し開いたのは、ハッケヨイの隣に座った、背筋がピンと張った女性中尉だった。

「それで、カントムの力の引き出し方が、とてもうまいわけですね」


 マチダ中尉の言葉で、暗くなりそうな空気が、明るい方向へと変わる。


「そうです。先日も、敵のマイケノレ隊の多数の兵力を、単機で追い返す戦果をあげています」

 と、これにかぶせる、キモイキモイ艦長。


 ハッケヨイ指揮官は腕を組み、言った。

「最初に戦果報告書を見た時、『そんなワケが無い』と思っていた。だが、あのホシニ先生の息子さんなら……わかる気がする」


 ハッケヨイは、うん、うんと頷いた。そして、


 スッ!


 右手を差し出すハッケヨイ。


 困惑するコムロだったが、数瞬後、「握手を求められている」と気づき、コムロもおずおずと手を出した。


 ガシッ!


 ハッケヨイの手はザラついていた。


 おそらく、指揮官自ら、資材の搬入作業なども、こなしているのだろう。肉厚の手で、傷痕と思しき凹みも感じられた。

 そして、やはり力強かった。


 新天地を目指す大人たちは、みな、そうなのだろうか? そんな感触をうけるコムロ。


 ハッケヨイは、離した手で、「心」という印を描く。とん、とーん、とん、とん。


 そして、語を継ぐ。

「カントム、大事に乗ってくれよ? うちらの命運が、かかってるからな」


「子供に背負わせすぎですよ」

 副官の女性、マチダ中尉が言う。


 しかし、ハッケヨイはマチダ中尉へと軽く向き直り、

「子供とか大人は関係ない。現に、死地で戦わなければならないのは彼だ。事実は知っておくべき。その方が、彼のためだ」

 そう、ハッキリと言った。


 コムロの左隣に座ったモラウ・ボウも、「コムロにばかり背負わせ過ぎ!」とでも言いたそうな目で、向かい側に座るハッケヨイ指揮官達をじっと見ていた。


 それに気づいたコムロは、モラウに顔を寄せ、小さな声で言う。

「大丈夫。出来る事と出来ない事があるって、僕は知っているから」


 その声は、右隣に座ったキモイキモイ艦長にも聞こえていたようだ。 


「そう。出来る範囲で、全力を尽くしてくれ」

 と、キモイキモイ艦長。


 コムロは、周りを見渡す。そして、


「はい!」と頷いた。


 ◆


 軍用車が停車する。


 コムロとモラウは、温泉テルマエに向かうべく、車を降りる。


 ハッケヨイ達は、会議に向かうべく、車に、のこったのこった。


 車の中のハッケヨイが、窓越しに言う。

「有望な生徒搭乗者スチューロットに出会えて、今日はいい日だ。さすが、大吉」


「ありがとうございます」

 コムロは一礼で返す。モラウも傍らで一礼した。


 そして、を気にするハッケ八卦ヨイ達を載せた軍用車が、ブオオオオオと遠ざかっていった。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます