Code Snippets, あるいは4コマ的な日常.2

登場人物

篠宮樹里しのみやじゅり 情報処理部副部長。JavaScriptその他諸々について絵子の良き先生。先にしゃべる方。

瀬尾絵子せのおえこ 情報処理部部長(押し付けられた)。主にツッコミ担当。後にしゃべる方。


🎬


// 非実力派宣言


「JavaScriptで変数を宣言する時は、『var x = 1』のように、varキーワードを用いて宣言する」

「varって、『バァー!』っておどけて登場する感じがなんか可愛くない? 『宣言しちゃいました? ならばわたくし、いざここに参上!』みたいな」


「ちなみにvarとはvariableの略だ。『可変的な』という意味で、発音は『ヴェーリボゥ』が近い」

「あ、そう……ごめん。集中する」


「一方、定数を宣言する時は、『const x = 1』のように、constキーワードを用いて宣言する」

「constって、『絶対変えないぞ!』って決意を感じられるよね。『コンストォー!』って。なんか九州男児っぽいよね」


「ちなみにconstとはconstantの略だ。『不変の』という意味で、発音は『コンステント』が近い」

「あ、うん……ごめん。集中する」


🎬


// かりぶら!


「if文やfor文などで、ひとかたまりのブロックを表す時は波括弧で囲む」

「ああ、{ }こういうやつだよね。オブジェクトの宣言にも使われるやつ」


「なお、この波括弧、正式名称をカーリーブラケットという」

「カーリーブラケット! 名前かっこいい! カッコだけに!」


「ちなみに( )丸括弧はパーレン、[ ]角括弧はブラケットというらしいぞ」

「うーん、やっぱり主役にするならカーリーブラケットだな。小説にするならどんなタイトルがいいかな」


「カーリーブラケット、分裂する。とか?」

「最初から分裂してるけどね」


※すぺあ様すみません。書籍化おめでとうございます。


🎬


// エスケープ!


「JavaScriptで特殊な文字を表現する時には、エスケープシーケンスを用いる」

「エスケープシーケンス、ってのもなんかカッコいい響きよね。法の網をかいくぐってる感じする」


「例えば、改行文字は¥n、タブ文字は¥t、といった具合だ」

「ところで、なんで円マークなの? やっぱり金のニオイがするから?」


「いや、本来はバックスラッシュという記号なのだ。円記号で表示されるのは日本ならではの複雑な事情による」

「日米の文化摩擦による悲しいすれ違いか。いや知らないけど」


「ちなみにこの手の文字を投稿する時、筆者はカクヨムがバグを起こさないかヒヤヒヤしているらしい」

「読者おいてけぼりのあるあるだねー。SEとかプログラマにしかわからないぞ」


🎬


// Mr. What's-your-name!


「変数とか関数の名前は、一目で役割を想像でき、可読性の高いものが望まれる」

「いつも悩むのよねー。何十分も和英辞典を調べたりして」


「ただ、いくら日本人同士でわかりやすいからといって、keisanみたいにローマ字で書くのもどうかと思うな」

「わかるー。見ててイーってなるわー、これ」


「いずれにしろ、名前をつけるという行為は愛とセンスが必要なのだ」

「プログラムでこれなんだから、きっと子供ができた時ってすっごい悩むんだろうねー」


「ん。樹里2とかnew絵子でいいんじゃないか」

「それこそ真面目に考えようよ……」


🎬


// 恋に落ちる蛇


「ちなみにこの命名規則。特に複合語を用いる際は、大きく分けて二つのルールが好まれている」

「お、出た。きのこたけのこ論争みたいなニオイがするぞ」


「ひとつは、単語をスペースの代わりにアンダーバーでつなぐ書き方。『send_love_message』という感じだな」

「JavaScriptだとあんまり見ないなー。PHPとかだとよく見るね」


「この書き方は『スネークケース』と呼ばれている。蛇のように見えるから、かな」

「蛇っぽいというか、粘液をズルズルと引きずってる感じしない?」


「よし、今日からこの書き方を『粘液ズルズルケース』と命名しよう」

「おー」


🎬


// 恋に落ちる駱駝


「逆に、単語の先頭の文字を大文字にした上で、ひとつなぎにする書き方もある。『sendLoveMessage』という感じだ」

「うん、JavaScriptだとこういう書き方が多いよね」


「これは、ラクダのこぶみたいに見えるので『キャメルケース』と呼ばれている」

「フタコブラクダの、あの上下する感じね。確かにわかるっちゃあ、わかるけど」


「じゃあ、絵子は他にどんな呼び方がいいと思う」

「んー、二つの山、とか……ピンとくるのがないなあ。樹里は?」


「そりゃ、双丘といえば、なあ」

「え、樹里、その両手は何。ちょっと、やめ……ぁあんっ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人