Interval

Code Snippets, あるいは4コマ的な日常.1

登場人物

篠宮樹里しのみやじゅり 情報処理部副部長。JavaScriptその他諸々について絵子の良き先生。先にしゃべる方。

瀬尾絵子せのおえこ 情報処理部部長(押し付けられた)。主にツッコミ担当。後にしゃべる方。


🎬


// JavaScript、誕生


「JavaScriptとは、当時人気があったプログラミング言語である『Java』にあやかって名付けられたものである」

「ほんと、何でこんな名前つけちゃったかねー」


「昔から、何かにあやかって名前をつける、というのはよくあることだ」

「例えば何かあったっけ」


「味の素スタジアム、とかな」

「それはネーミングライツって言うんじゃないの?」


「スナック来夢来人、とかな」

「それってあやかってんのかなー。確かにどこの田舎にもあるけど」


🎬


// JavaScriptの歴史


「元々は、Netscape NavigatorというWebブラウザのインタラクティブな拡張として開発されたものだ」

「あったねー、ネットスケープ。結構使いやすくて好きだったな」


「その後、Internet Explorerに実装されたことにより、JavaScriptはその認知度を高めていく」

「敵の手によってその名を轟かせる。因果な話よね」


「だが、ウィルスやワームが広まる戦犯としてやり玉に挙げられ、しばらく不遇の時代を歩む」

「そうそう、デフォルトでオフにするのを推奨されて。悲しい時代だったわ」


「一応確認するが、私たち女子高生だよな」

「え、当たり前じゃん。何言ってんの」


🎬


// JavaScriptの憂鬱


「そんなこんなで、JavaScriptとJavaは混同され続けている」

「未だに間違えてる人いるよねー。JavaがJavaScriptの略称だと思ってたりとか」


「両者はまったく別物である、ということを、うまい例えで啓蒙しよう」

「啓蒙してみよう」


「ぶどうと海ぶどう、くらい違うな」

「クラゲとキクラゲ、くらい違うよね」


「バーガーキングと羽賀研二、くらい違うな」

「何となく似てる言葉のコーナーになってない?」


🎬


// 我が名はECMAScript


「まあ、そんな歴史を深く悲しんだ神々は、ECMAScriptという正式な名前を与えたもうた」

「エクマ、ってなんか可愛いよね。あとそんな神話クラスの話ではないよね」


「じゃあ絵子、ECMAとは何の略か知っているか」

「え?えっとぉ……」


「……絵子ちゃん、キューティーミステリアスエンジェル、とか? …………」


「おーい、キューティーミステリアスエンジェル、帰るぞ」

「ごめん、樹里。謝るからそろそろ許して。もう四日目よ」


🎬


// 夏の終わり


「JavaScriptでは、一つの文はセミコロン(;)で区切る、というルールになっている」

「セミコロンで区切る、と」


「なくても自動で補完してくれたりするが、ちゃんと記述するのが望ましい」

「ねえ樹里。セミコロン、てさ。夏の終わりに道端に転がって死んでるセミを思い出すんだけど」


「……この形、頭と胴体が分かれて、別々にアリに運ばれているようにも見えるな」

「あー。見えるね」


「……淋しいな」

「……淋しいね」


🎬


// これはコメント行です。


「他のプログラミング言語と同じように、JavaScriptでもソースコード内にコメントを書くことができる」

「機械にバレないよう、人類にのみ向けられたメッセージね」


「1行で終わるコメントの場合は、行頭に『//』と書く」

「//って、何となく恥ずかしがってるイメージあるよね。『あ、あなたが読みやすいように書いたんじゃないんだからね』みたいな」


「複数行にわたるコメントの場合は、『/*』と『*/』で囲む」

「こっちも恥ずかしがってる感じするよね。顔押さえてアチャー、みたいな。『お見せするほどの物じゃないんですけど』的な」


「うるさいのでコメントアウトしておいた」

「/*            */」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人