メルティングブルー

―篠村未咲の話


 あと二十五分。長い。

 わたしは壁の時計の長針を睨みながら早く早くと念じてみる。そんなことをしたって針の遅々とした速度はもちろん変わらない。ふうと軽く嘆息して、机に目を落とす。



 高校で初めての模試の最中だった。机の上にはほぼ白紙状態の数学の解答用紙がある。だだっ広い空白が、お前に解けるもんなら埋めてみろとわたしを嘲笑っているように感じる。これでも頑張って分かるところは解いたのだ。合っているかどうかは怪しいが。泣ける。

 やることがない。見直しだって三回した。だけど分からないものは何度見ても分からないのだ。

 試験監督をしている桐原先生がゆっくりと回ってきて、わたしの手元を覗こうとする。わたしはばっと腕をかざしてそれを阻止する。先生の方をキッと見上げると、呆れたような顔をして前方へと歩いていった。

 あと二十二分。あーあ。早く終わんないかな。なんでやることもないのに机の前に大人しく座ってなきゃなんないの。馬鹿みたい。

 龍介の様子はどんなかな、とサボり癖のある幼馴染みの席を見遣ると、当の龍介は机に突っ伏して寝ていた。丸まった背中が呼吸に合わせてわずかに上下している。

 なーんだ。龍介だって同じじゃん。わたしはちょっとほっとして、窓の外を眺めた。澄んだ薄い空色に、綿のような白い雲がぽこぽこと浮かんでいる。いい天気だなあ。走りたい。こんな教室の中でじっとしていたくない。

 相変わらず時計の針はのんびりと進んでいる。



 模試の後、すぐに模範解答が配られて自己採点をした。国語と英語はまあまあかなと思うが、数学はひどい。目も当てられない。まあ、ほとんど白紙だったんだから当然だけど。


「あ! 龍介、どうだった?」


 真っ先に荷物をまとめて帰ろうとしている龍介に声をかける。龍介は冷めた目をわたしに向けた。


「さあ。結果が戻ってきてからのお楽しみでいいだろ」

「なにそれ。少しは教えてくれたっていいでしょ」


 実はわたしと龍介は賭けをしている。賭けって言うほど大ごとじゃないけれど。わたしの三教科の合計点と、龍介の数学の点数を比べて、高い方が低い方にアイスを奢るという約束なのだ。

 その賭けを提案したとき、お前にはプライドはねーのかよ、と龍介は言っていた。プライドなんてどうでもいい。プライドよりもアイスの方が大切だ。

 それから幾週かが過ぎ、模試の結果が返ってきた。国語と英語は部分点が加算されていて自己採点よりも高かったけど、数学は一点の差もない。数学は答えがひとつしかないから嫌い。適当に書いたって絶対に当たらないもんな。

 結果が書かれた用紙には、偏差値や順位、偏差値を三角形のグラフにしたものなどが印刷されている。わたしの三角形はすごく小さい二等辺三角形だ。悲しい。言わずもがな、引っ込んだ頂点は数学である。


「どうだった?」


 かけられた声に顔を上げると、にこにこと笑みを浮かべた輝だった。傍らには龍介がいる。笑顔の輝とは対照的に、むっつりした仏頂面をわたしに向けていた。


「先に龍介の見せて」


 わたしは返事を待たず、龍介の手から用紙をひったくった。

 どれどれ、と数学の点数の部分を探す。わたしの用があるのは数学だけなのだ。

 そこには、一○○/一○○とあった。

 え。なにこれ。百分の百ってことは、つまり……。


「え、嘘、満点?」

「馬鹿、声がでけえよ」


 少し焦ったように龍介が言う。

 教室にはまだ多くの生徒が残っていて、わたしたちの方を、正確には龍介をちらちらと見ている。満点だって、茅ヶ崎くん、すごいね、と囁いているのが聞こえる。

 わたしは思わず、えーっと声を上げてしまった。模試中に熟睡する龍介の背中が脳裏に甦る。


「だって龍介、解答時間の半分くらい寝てたじゃん! どうして?」

「どうしても何も、終わったから寝てたんだよ」


 龍介が不機嫌そうに答えた。


「龍介、すごいよねえ。さすがって感じ。点数少し分けてほしいよ」

「輝だって、国語の点数九割近かったじゃねーか。記述式でそんなに取れる奴そうそういねえって。国語なんて答えが何個もあるのに、すげーよ」

「いや、数学の方が難しいって。国語なら何か書けば当たるかもしれないけど、数学は答えがひとつしかないもんね」


 互いを褒めあう龍介と輝の言葉を、わたしはぐぬぬと思いつつ聞いていた。どうせわたしには運動しか取り柄がないですよーだ。

 中学校まではスポーツができる人が男女問わず人気者だったけど、高校はそうではないみたいだ。ため息が出てしまう。俯くと、手に持ったままの用紙のある部分に目が留まった。

 数学の全国順位、一位とある。


「えっ、ねえ龍介、全国一位だって、数学の順位!」


 慌てるわたしを尻目に龍介は、はあ? と言いながら首を少しばかり傾けた。


「なんで驚いてんだよ。満点なんだから一位なのは当たり前だろ。満点取れる奴が全国に何百人いると思ってんだ」

「えーでも、すごいじゃん!」


 龍介にとって当然のことでも、一位が全国に何百人いようとも、わたしからすればそれは本当にすごいことだ。

 勢い込んで言うと、龍介は反対に押し黙った。そんなことを言われるなんて予想外だった、と言わんばかりの表情だ。返すべき言葉を探しているらしく、目がわずかに泳いでいる。


「……別に、そんな特別なことじゃねーよ。……それよりも、お前さ」


 龍介が鋭い目をすっと細めた。尖った視線がわたしに向けられる。なぜだか瞳の奥に、悲しみが見え隠れしていた。

 

「たまにそういうこと言うの、やめてくれよ」


 ほとんど懇願するような調子だった。

 わたしはそう言う龍介の本心が掴めなかった。どうしてそんなことを? どうしてそんな目をするの? わたし、何か悪いこと言ったかな。


「な! なんでよ、せっかく褒めてるのに、何が不満なわけ」

「俺は――いや、それより、早くアイス食べに行こうぜ。食べたいんだろ」


 開きかけた口を一旦閉じて、龍介が通学鞄を手に取る。そのまま、すたすたと教室の外へと歩き出す。輝がやれやれ、といった様子で肩をすくめ、苦笑した。


「僕は二人の邪魔しちゃ悪いから先に帰るよ。二人っきりでゆっくりしていって」

「だから、そんなんじゃないってば! ちょっと龍介、待ってよー!」


 わたしも鞄を引っ掴み、無愛想な幼馴染みの背を追う。


* * * *


―茅ヶ崎龍介の話


 傾いた太陽はまだ、じりじりとした陽射しを道行く人々に注いでいた。模試を受けた頃、この時間には肌寒さを感じていたはずだ。何気ないところから、季節が進んでいることを知る。

 俺と未咲は高校の近くにあるジェラート屋に向かって歩いていた。この気温だと、おそらく店は混んでいるだろう。その店はちんまりとしているが洒落た外観と内装で、この辺に高校が多いこともあり、様々な制服を着た高校生でいつも賑わっている。

 未咲はうきうきした気分を隠そうともせず、俺の隣を歩いている。よっぽどアイスを食べられるのが嬉しいらしい。そもそもこの賭けは最初から結果が見えていたのだ。点数の上限が決まっている俺と未咲では、対等な勝負にはなり得ない。俺は怒っていいはずだ。なのに、満面の笑みを浮かべる幼馴染みを見ると、あまり悪い気がしない自分が悔しい。

 目的のジェラート屋には、十組ほどが並んでいた。その最後尾に続き、色とりどりのジェラートが並ぶショーケースが近づくのを待つ。

 そのまましばらくしていると、未咲があからさまにふううとため息をついた。


「……なんだよ」

「別にー。こういうとこにはせっかくなら龍介じゃなくて別の人と来たいなって思っただけー」

「その言葉、そっくりそのままお前に返してえな」


 俺はむっとして言い返す。まんざらでもないと思っていたのが間違いだった。波風が立つようなことをどうしてわざわざ言うんだこいつは。

 刺々しい空気が未咲とのあいだに漂ったまま、前にいた客が会計を済ませて店から出ていった。目の前に、鮮やかな色のジェラートがずらっと並ぶ。それを見るやいなや、未咲が目を輝かせ、口元を綻ばせた。現金な奴だ。


「うわーどれも美味しそう! レアチーズケーキもラズベリーもシトラスミックスも巨峰もマンゴーもいいなー、どうしよ」


 未咲は屈みこみ、食い入るようにジェラートを見つめる。ただでさえ短いスカートの裾が持ち上がり、意外なほど白くきめ細かい太ももが露になっている。半歩退いたところにいる俺には、見えてはいけないものまで見えてしまいそうだ。


「おい、そんなにしゃがんだらパンツ見えんぞ」

「スパッツ履いてるから見えませーん」


 冷やひやしながら指摘すると、冷めた答えが返ってきた。ああそうですか。


「ていうかどこ見てんの? 気持ち悪いんですけど」


 そりゃ悪かったな。

 こんな距離でそんなことをされたら、嫌でも目に入る。ただ見ていたのは事実なので、俺は口をつぐんでいた。

 それにしても、太ももの際どいところまで見えていることについては、何も思わないのだろうか。不思議だ。

 二分経っても三分経っても、未咲の逡巡は続き、決まる気配がなかった。


「おい、人が並んでんだから早く決めろよ」


 未咲が、えっ、と焦った声を漏らす。


「でも、レアチーズケーキとマンゴー、どっちも同じくらい食べたいし、美味しそうだし……どうしよ、決められない」

「んなもんダブルにすりゃいいだけの話だろ」


 このジェラート屋のオーダーの仕方は四つある。アイスはシングルかダブル、そしてそれぞれ器がカップかコーンかが選べる。もともとシングルの値段も高めだが、ダブルとなれば金欠の高校生にとってはなかなかの痛手となる。特別な時でない限りそうそう選ばない。

 未咲は俺の方を振り返った。目を丸くしている。

 

「えっいいの? だってお金払うの龍介だよ?」

「だからいいって言ってんだろうが」


 なんでこういうところだけ気を遣うんだよ。

 未咲はありがと、と呟いて、今や遅しとオーダーを待っていた店員に注文を伝えた。



 店を出る。未咲の手には、レアチーズケーキとマンゴーのジェラートが盛られたコーンが、俺の手にはチョコミントのアイスクリームが盛られたカップがある。

 俺は甘いものが苦手なので、食べられるアイスといったらチョコミントだけなのだ。

 未咲が俺の手元を怪訝な顔で見る。

 

「ねえなんで龍介コーンにしないの? 同じ値段なのに、カップは食べられなくてもったいないじゃん。それに、チョコミントって……それ歯みがき粉の味でしょ」

「うっせーな、コーンは甘くて嫌なんだよ。それに全然歯みがき粉の味じゃねえっつーの。大体俺が何を食べようがお前には関係ねえだろ」


 一頻ひとしきり反論し、プラスチックのスプーンをアイスの山に突き刺そうとしたところ、手からアイスがふいと消えた。横から未咲がひったくったのだ。


「ちょっとちょうだい」


 俺が可否の返事をする前に、アイスの山の頂上部分を、ぱくりと未咲が頬張った。途端に微妙な表情になる。


「んん、やっぱ歯みがき粉の味! 返す」


 突っ返されたアイスを、俺は半ば呆然と受け取った。けっこうな量が減っている。人のものを許可なく食べる行為もあれだが、これに俺が口を付けたらどういう事態になるか――。頼むからちょっとは頭を働かせてくれ。

 もやもやが渦巻く俺の心の内など知ったことかといった様子で、未咲は自分のジェラートを美味しそうに食べ始めた。目は閉じられ、首がほんの少し左右に揺れる。


「んーっ! おいし! ありがと龍介!」


 未咲がにかっと俺に笑いかける。その笑みには、賭けに負けた俺の敗北感を煽るような、そんな意地汚さはどこにも含まれていなかった。どこまでも純粋な、俺にとっては眩しいほどの笑顔だった。

 俺は、ああ、無防備だな、と思う。誰にでも、そんな剥き出しの感情をさらけ出しているのだろうか。

 俺は無言のまま、胸の奥にわだかまる鬱々とした感情を押し潰すように、アイスを一すくい口に運んだ。

 淡く緑がかったその青は、苦い胸の内とは裏腹に、甘く爽やかな味がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます