私の防犯実録

作者 ひちば

58

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ある種のサバイバーである筆者による体験談。
内容はとても重いです。女性にとって、自分の身は自分で守る。
その方法が、体験談として語られます。

知らない間に狙われていた。
それでも決定的に危険な状況に陥る前に防ぐこと。
そのような大切なことが記されています。

ただ、女性の方に必見とまではいいません。
これを見て男性不信になる方もいるかもしれません。男性は、ここに出てくるような方ばかりではありません。
その事を分かった上で、自分の身を守るために、女性の方にお薦めします。



――以下は、レビューとは関係ない私のコメントです。

普段は気が強いと周りから思われている人でも、いざその時になると体が動かなくなってしまうのです。
まるで金縛りになってしまったかのように。
だから、普段から気を払う。対処を考えておく。その時に自分を守るため、体が動かせるように。

警察のメールを見ていると、毎日毎日、色んな不審者情報が届きます。
女性だけでなく、男女児童も不審者に遭遇しているのです。
女性ばかりでなく、子供を持つ親御さんにもお勧めします。

★★ Very Good!!

――

 未熟で非才の身は、言葉を捻り出してくれない。
 私は、どうしたって男性だから。

 女性にどんな行動を、どんな言葉を尽くしても。
「性の対象だからでしょう?」
 と言われれば、根底はそこだと指摘されたら、私は、ひいては男なら黙るしかないんじゃないだろうか、と悩みます。

 だから、より多くの目に触れて欲しい。知って欲しい。考えて欲しい。
 言葉を持たない私は、最後まで読む。

 私は帰り道、いつも夜道で。
 人通りも少ないことを免罪符に、歩きスマホで、カクヨムアプリで作品を読んでおりました。
 この作品に出会ったのも、そんな折。
 ふと立ち止まり、小さな路地に顔を向け、ここを女性が一人で歩けるのだろうかと、考え込みました。

★★ Very Good!!

――

ご自身が体験したことは、本当に怖かったのだとお察しします。
私も、似たような経験があります。
でも、私には作者さんのような、他人様を守ろう、と言う積極的な勇気は持てませんでした、と言うか、そんなことは考えもつきませんでした。

痴漢被害などでもそうですが、今の社会はまだ、被害者「も」悪い、という風潮がありますよね。
悪いのは加害者です、被害者ではありません。

それでも、「被害者にならないようにする」ことも重要なのだと、改めて気づかされる、そんな作品です。
誰でも「被害者」になりうるから。
多くの人に読んでもらいたいと思います。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

夢を見てあてる事は、昔よくあったので、いるんだなとおもいました。見た夢では、友達のお母さんが倒れると言う夢を見てこれはまずいなと思い友達に電話して、早めに帰ってもらったのですが、残念ながらお母さんは、家に帰ったら亡くなってたそうです。知らせてくれて有難うといわれましたが確かに罪悪感が残ります。

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

実は私も、同じような体験があります。。22歳の時でした。暗い坂道を、歩いて家まで帰っていた途中のことです。
後ろから、誰かがついて来ているのは知ってましたが、自分と同じく帰宅途中の人だろうな、と呑気に考えてました。
いきなり後ろの人が走って迫って来て、口元を強く抑えられ。。へ?と言った感じで、何が起こったのか分かりませんでした。
坂道の脇の雑木林まで引きずられそうになり、ようやく襲われそうだという事実に気付き、必死で振り切ろうとしました。
幸い、痴漢は力無い男で、身長168cmの私を抑え込めず、振り切られてふっ飛び、そのまま逃げ去って行きました。
結果的に戦い?には勝利したのですが、怖くて怖くてガクガク震え、坂道を通りかかったタクシーを拾い、家まで帰ったのです。
歯の治療中だった口の中は、強く抑え込まれて血だらけで、恐怖がおさまってくると激しくムカついてきました。
警察に訴えてやると息巻きましたが、家族に止められました。。未遂だけど、変なウワサになったら困るだろうって。
その数日後、坂道の脇に「痴漢が出没するので注意!」の看板が立ちました。
あのひ弱な痴漢でも襲えそうな、か弱い女の子が被害に遭ったかと思うと、胸が痛みました。。いち早く自分が、警察に訴えるべきだったと。
女だからって、なんで知らない男に襲われなきゃならないのか、その被害を隠すようにしなければならないのか。。本当にムカつきます。
まぁ最近は可愛い男の子も襲われるので、性差は無いのかもしれませんが。
エッセイとして投稿した著者の勇気には、敬服いたします。
ただ、本当の被害を受けた女性にはなかなか書けないことですし、私にも同様の経験があることですから、考えたくもありませんが、女性なら良くある性被害で、その中でも軽い方なのかもしれませんね。。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

良く書いてくれた、有難うと言いたい。
ここまで書くだけでもどれだけの勇気と決意が必要だったか、想像に難くない。
これは決して他人事じゃない、全ての女性だけでなく、全ての男性にとっても。
ものすごく残念なことだが、この手のことを、ほとんどの女性は生きている間に一度は体験してしまう。しかも、相手が捕まることもなく当然処罰もない。謂れない暴力に心を奪われ掛けていても、外見的な変化が少ないだけで、結局は何事もなかったかのように、スルーされる。

私も女性として、母として「自分の身は自分で守れ」と口を酸っぱくして言い続けてきた。けれどもそれだって完璧じゃなくて、逃れられない時もある。
だからせめて、これを読んで、女の子をもつ親たちにも、それがどれだけ大切で大変なことかを知って欲しい。
そして男性諸君、これを読む君はこんな非道なことをしないと信じているが、もしそれを見掛けたら、助けて欲しい。軽々に手を出す輩を諫めて欲しい。お願いだ。

★★★ Excellent!!!

――

反撃すればよかった……それはやはり被害者の恐怖を理解していないから言える言葉なのでしょう。
似たような目に遭った人の話も聞いたことがありますが、やはりまずパニックになると言っていました。
このエッセイも一つの警鐘として読んでもらえるといいのだと思います。