錆色ロボット Reboot

作者 東雲メメ

憧れを現実化させるため……今、『Reboot』!!

  • ★★★ Excellent!!!

同作者様『錆色ロボット』の続編連載作品です。
『錆色ロボット』は一話完結ですので、ぜひそちらを読まれてからこちらをお読みになられると、ドクから光子郎への「バトン」の持つ意味が際立ちます。

物語は浅草を舞台に、前作時点で小学生だった光子郎が大学生となり、ドクの意志を継ぎ人型ロボットの完成を目指す、という内容です。

男の子ならみんな憧れた巨大人型ロボット……現状、この現代社会では有人人型ロボットが当たり前のように闊歩する光景など夢のまた夢……。
しかし、この光子郎、アツい。実にアツい。熱血ロボアニメに(いい意味で)毒された彼のアツい心は、物の見事にドクから受け継がれております。

彼の言葉
「妥協してロマンが得られるか」
ズキューーン!
ずばり、その通り。我々ロボ好きはロマンのためにロボを好きでいられる。
物語は終始軽快な語り口調で、所々のオマージュやパロディーにクスッとさせられながらも、「なぜロボが動くのか」「どうやってロボは動いているのか」という説明も随所に見られ、勉強にもなります。

……ラーメン回は飯テロなので空腹時はご注意を(読んだの昼休み)。

ロボ好きの、ロボ好きによる、ロボ好きのためのロボノベル。
更新頑張ってください!
アツき血潮をたぎらせろ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

村雲唯円さんの他のおすすめレビュー 146