第60話 魔王グルコス

 深く暗い真の闇。


 光をも潰してしまう、強烈な重圧。


 その中に生きるものは、既に一度、肉体が死んでいる。そうでなくては、とてもこの空間で存在を保っていられないのだ。生きているものは決して居られぬ場所。


 魔王グルコスは、そこに住まっている。

 闇の中央にねじれた時空の扉があり、それをくぐれば、魔族の王の居城があるのだ。


 それをくぐることができるのはグルコスの許した存在のみだ。魔王にとって必要なもの、もしくは価値のあるもののみが、登城を許される。


 しかし、それは、永遠にグルコスの奴隷となることでもある。自由を許されず、つねに彼の利益のみを最優先しなければならない。


 だが、邪悪な者たちはそれでも彼の存在を喜びとした。


 それらの一人、ゴドリクの肉体は、もう修復を受けつけないほど痛んでいる。生まれたときから深い傷を負っていたために、その生命力は、これ以上ないほど衰えていた。


「やはり、おまえの肉体を裂いた痛手は大きいようだな」


 グルコスは、玉座の上から倒れ伏しているゴドリクを見下ろした。


「エヴァロンの魔力は強い。だが、おまえたちを維持し続け、また肉体を回復させるほどには強くないのだな。このままでは、修復すらできないだろう。だが……」


 床に長くのびた、命が尽きて数年は経っただろうと思わせる獣の屍じみた物体から、かすかな声が絞りだされた。


「お助けを……」


「ほう……」


 グルコスは身じろぐ。


「どうか……われらが君……」


「口がきけたか。まさか意識があったとは、驚いたぞ。それは、おまえにとっては不運なことだな。

 だが、まあ、良い。おまえから取り出しておいたものを、戻してやろう。時間稼ぎにはなる。ノームがおまえの体をなおす材料をみつくろってくるまでの、な」


 闇をまとった王は、その闇の一部をゴドリクに向けて飛ばした。

 みすぼらしい、小動物の死体のようになってしまった魔物の体を黒い影が覆う。それから小さな黄色い光の玉が影に吸いこまれた。


 城を貫くかというほどの絶叫が、あわれな生きものから迸った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます