蒼き王の譚歌《たんか》

作者 月ノ瀬 静流

24

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大人の身勝手に振り回された少年のお話。

救いを与えるのであれば、息子ではなく自分でやれば良かったのに。
最後にあんなことを言うくらいなら、最後まで悪役になりきってくれれば良かったのに。

彼は確かに英雄でしたが、どうしてもそう思わずにはいられません。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

短編ながら物語に詰められた情報量が多く、壮大な叙事詩を読み終えたような満足感を味わえる作品です。
物語に無駄な部分がないため、この短さでもそれぞれの人物像がしっかり立ち上がってくるところに作者の高い力量がうかがえます。
もっと続きを読みたくなるような、そんな気にさせられる一品でした。

★★★ Excellent!!!

この世に産まれた者たちは、みんな一片。組み合わさり、すげかわり、歴史を象る。
その色と形をかえた未来はまた、このさきどんな新しいピースを浮き彫りだし、嵌め替えるのでしょうか。
堅く広く、隙間なくつらなるピースが集まるこの国の未来を、つよく願ってしまっていました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

終盤、畳み掛けるように分かっていく関係性やからくりが、優しさと切なさを与えてくれました。

革命とはかくも切なく、重い業を背負うことになるのですね・・・
しかし重苦しさはなく、優しく読ませてもらえました。

素敵な作品ありがとうございます。