第308話 吾輩『カクヨムーン』に紛れ込む

吾輩は一匹の蝙蝠を前に立ち尽くしていた。時間は夜である。書き忘れたとかではない。一発書き保存の法則のせいで書き直せないとかではない。吾輩が起きるときは夜なのである。夜なのである。夜なのであーる。


「ちょっと、お名前をもう一度いいですか?セバスチャンさん?」

「だーかーらー、違いますって!!何コウモリと間違えてるかわかりませんが、私はセバスチンです、セバスチン!!」

「……微妙に惜しいな。おしい。ほら、プリーズアフターミー。アイアムセバスチャン。レッツトライ♪」

「セバスチン!!」

「ちがーう!!ノンノン、ノンよ。全然ダメ。ネイティブな発音にすらなってないわ。呆れた。それがあなたの本気なの?チャンも発音できないなんて……子連れ狼には一生出演できないわね」

「さっきからなんなんですか、貴方!?しつこいですよ!!セバスチンです!!」

「セバスチャン・ボルト・ボルグ・オガサワラショトウ・ハヒトハモウスメナイノ・ドウナノ・オシエテヨ・コタエテヨ・バーニー36世だろ!!」

「しつこーいぃいいいいい!!セバスチンですよー!!」

「チンチンうるせぇええええええええ!!卑猥なやつだ、お前は!!」


この分からずやなコウモリめっ!どうあってもセバスチャンとは認めないらしい。何がチンだ。ふざけやがって。朕は戦争を終わらせる。朕が命ずる。どこの国のばか皇太子だ!?


「助けてあげようと思いましたが、気が変わりました。勝手に迷子で野垂れ死にしてくだい。アデュー」

「逃がすか!!」


吾輩は飛び去ろうとしたこうもりを握りしめた。


「なっ!」

「お前は唯一の手掛かりだ。逃がさん」

「脅迫だ!!誘拐事件だー!!」

「うるさい、黙れ朕カス」

「口も悪いー!」

「吾輩は元々口がわるい。あまり怒らせないことだ。永久に罵倒をし続けて眠れなくしてやろうか?」

「怖いー。この人めっちゃこわいー!」

「喋ってから死ぬか、黙ったまま死ぬか、好きに選ばせてやる」

「どっちを選んでも死んでる!?」

「欲張りな奴だ。死にたくないというのか?」

「死にたくないー。助けてー」

「あとは吾輩の眷属になって生き延びるかだ」

「眷属になります!!お願いしまっす!!」

「それじゃあ、状況を説明しろ。間違えたら殺す、言い間違えても殺す、分かりづらかったら殺す。さぁ、好きにしゃべれ」

「脅し方が半端ないー。頭おかしいー!!」


そこから、手のひらに握ったセバスチャン(偽)は町のことをしゃべり始めた。それはそれはとても長い話だったので、途中殺しそうになったが、吾輩は優しいので生かしておいてやった。


話をまとめると、


カクヨムーンという朝がこない街らしい。日の光は昇らず、月明かりだけで生活を営む。最近、平和だった町は戦争に巻き込まれたようだ。


「これで全部か?」

「全部です!!お話しできることはすべてわかりやすくしました!!」

「そうか。この町は戦争に巻き込まれているのだな」

「そうです!!」

「じゃあ質問を始めよう」

「えっ……詰問の間違いでないですか?」

「殺されるか、答えるか。好きに選べ」

「常に隙あらば殺そうとしてる!!」

「吾輩はダークサイドに落ちかけているからな。しょうがない。貴様の命など、セバスチャンではないとわかった時点から、ゴミクズも同然。無慈悲に3秒で始末できる」

「……目が本気や!?この人、目がすわっとる!!」

「街に人がいないのはどういうことだ?」

「今、コンテストという戦争の最中でして、読者戦士も作者戦士もそちらに駆り出されているのです」

「ほう。町人全員が連れ去られているのか??」

「いえ……そういうわけではないんですが、ほぼ全員に近いと思います」

「キンキンいってる金属音はなんだ?」

「それは星を作ってるんです。大量に星が必要とのことで……フクアカーン様から申せ使って全員で偽星を大量に生産しているんです」

「フクアカーン?どこかで聞いたことがあるフレーズだな」

「戦争を拡大させてる人で……勝つことだけが全てという人なんです」

「悪い奴だな」

「いえ……昔は清い心を持って町の人々に接していたのですが……隣国ナローンから帰ってきてから人が変わってしまったみたいで……」

「じゃあ、ナローンが悪いのか?」

「いえ、そういうわけでも……ナローンはカクヨムーンとは違う通貨でポイントといいうものを使ってるんです。通貨を集めると天国にいけるとかなんとか。みんなそれに各国の王様は目がくらんで、偽の通貨を大量生産しているんです」

「偽の通貨?どういうことだ??通貨は通貨だろう。金を輪転機で作るのは当たり前だ」

「輪転?ちょっとわからないですが、星とかの通貨は読者が生み出すんです。それは限りがあったりしますが、読み終えたことにより発行される通貨です」

「読み終えたこと……なんだろう……なんかわかるような、わからないような」

「とりあえず、今は戦闘中なんで、みんな必死に偽通貨を作りで天国を目指してるんです。そして、町人はいま星づくりに日々追われてるんです」

「それで……みんなどこにもいないのか」

「……そうです」


何やら戦争が起こっているようだ。世界平和を望む吾輩の前で戦争が。それにしても、とてもわかりづらい世界観だ。早く夢から目を覚ますか。吾輩は頬を抓ってみた。


「ぐぬぬ……」

「何してるんですか?」

「痛さで目を覚まそうと思って……イテテテテ……なかなか覚めないな」

「……」

「夢なのに……イテテ」

「差し出がましいようですが……痛かったら夢ではないですよ」

「えっ?」

「いや、イテテって言ってますし……」


夢じゃないの!?夢オチちゃうんかーいい!!



《つづく?》


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます