第295話 吾輩作品を選抜する

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「色々下書きに戻してみた」

「……なぜです?」

「いや……いっぱいありすぎてもね。しょうがないっていうのもあるし」

「そうですね」

「読まれたいものだけおいとけばいいじゃない」

「確かに!」


吾輩は上の考えで、いくつかの作品を下書きに戻した。

まぁ、いつかちゃんとするか、そのままゴミ箱にぽいか。


彼らの行く先は不明である。

レビューは頂いたものもあるが、それを読まれたいと言えば………。

読まれたいか。せっかく、書いたのだから。


けど、本気度には差がつくし、このサイトにあったものを残そう。

それでいい気がした。そんな日。



吾輩は考える。

ちょっと……寒波きついっす。寒いんだけど。

どうした、日本?

寒いぞ。日が昇る国よ。もっと暖かくなれー。



吾輩は考える。

この状況で地球温暖化とか言われると、嘘くさく感じる。


地球寒いよ………。



吾輩は考える。

一週間で☆122。これがこのサイトの力でもある。


コンテストだったら、一位だな。うむ(。-`ω-)

そういった力があるサイト。どうにか読者を捕まえる努力をせねばならんな。



吾輩は考える。

考えてると右に左に揺れるときがある。

なんだろう……リズム的なものが必要なのかもしれない。



吾輩は考える。

右に同じくという言葉。


左に同じくという言葉より、よく気がする。

発言は右から行われるのか?そういわれてみればそうか。


廊下側って、右だな。



吾輩は考える。

現ファンの暗殺剣、おもしろいっす。

ヒロインが魅力的である。煎餅だしてくる。

人気がある理由は納得できる。バトルものでござんす。



吾輩は考える。

コンテスト期間がもし長くなったら……。


どうなるのだろう?1年がかりくらいでやったら………。

どこかで勝敗は決するのかもしれない。


それになんか特別感も無くなるのかも。

今ぐらいでちょうどいいのかもしれない。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます