第294話 吾輩メッセージを送る

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「……届くかしら」

「届くといいっすね……」

「まぁ、気づいてないだけだろう……きっと」

「そうですね……要項なんて読まないっすからね」

「けど、あの人カクヨム見てるかな……」

「……見ててほしいっす」


吾輩は考える。

吾輩が間違えてるかもしれないが………。


なろうコン出てたら……カクヨムコンテスト……出れない?で合ってるのか?

なんとなく、カクヨム的にはOKっぽいけど……なろうが許さん的に見えるん………。まぁ、よくあることなのかな?


どうでもいいんだけど……気付いてたらどうにか対処できるだろう。


公募もハーレム状態というわけにはいかんと思う。

あってんのかな………。吾輩も半信半疑。


とりあえず、メッセージに乗せてみる。



吾輩は考える。

知らぬが仏。知ったらほっとけ。


そういうわけにもいかないのかもしれない。すまんな。

ただ、知らず知らずのうちにダメなことしてる時もあると思う。


だから、ご自分で気づいてくれ。

特に通報とかする気はない。



吾輩は考える。

オリンピック関連って……いいニュースが少ない。


いつまでゴタゴタしているのだろう。豊洲もそうだけど。

なんか、見てる方もめんどい。

何もできないのに情報だけが集まるっていうのも考えもんである。



吾輩は考える。

いまいち冬アニメがピーンとこない。


続き物は見てしまうのですが……青のエクロナルシストとか。

なんか、しょっぱなギスギスしているぜ。マンガ読んで知ってるけども。


中盤までいかないとちょいとすっきりしない。というか、途中で止まってんな……あの人どうなったんだろう?




吾輩は考える。

明日は晴れるのかな?


そんなことを考えながら生きていく。それが日常ってもんかもしれない



吾輩は考える。

コンテスト作品を少ないながらも読み始めだした。

結構、おもしろいものも多い。吾輩なんでも楽しんじゃうからな。


嘘です。ちょっと、やっぱり知識系SFはちょいと……苦手かもしれない。

うまく言えないが……


設定を理解しようと頭を使って読むと、その理論こういう穴あるんじゃねぇ?って、意地悪な吾輩が語りかけてくる。


………。………。


そこで、ペースが落ちて楽しめなくなってしまう。

これが吾輩の欠点。


なぜだろう……なぜなんだ………。他のはちょっとした設定とか理論の不具合など気にしないのだが………どうも知識系で来られると、知識が働く。


だめなことよね………。(/・ω・)/



吾輩は考える。

書き方に迷うことは多々ある。


最近、ひとつの疑問にぶち当たる。


()


思考とか書くときに使うのだけれど……。使っていいの?

くだらない悩みである。使いたければ使えばいいのだけれど………。


意外と人気作でも使ってるので……使ってもいいのかもしれない。



吾輩は眠りにつく。


《つづく?》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます