第230話 吾輩・・・一応第二回コンを・・・いつも通り・・・読専

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「・・・もう12月か・・・」

「早いっすね・・・」

「ここに来たのが・・・3月の終わりやから」

「8か月っすね」

「そうか・・・なんか色々あったよね」

「ありましたねー」


吾輩もう・・・年末モードに入りつつある。

時とは、過ぎてみればあっという間で、いつの間にかここまで来ているといった感じのもの。どこかで見たが19歳までで体感時間の50%を使ってしまうとか。年老いてからは時が経つのが早いとか。吾輩はDKなのでよーうわからん。


あっ、DKってのは男子高校生ね。これまめな。


さて、体感とかはどうなのかわからんが、本当にいつの間にかって感じで時が過ぎていく。だが、ここカクヨムでは文字数が時の長さを物語ってくれる。


80万文字という時間を過ごしたようだ。

まぁまぁかな。ひと月10万ぐらいか。


最近は書くというより、見直ししかしてないので文字数が増えるわけもないのだが、そんなこんなでもうすぐ年末。


本当・・・色々あったな・・・。こんな小説サイトに来たのも初めてだったし。

怒ったり、泣いたり、笑ったり、忙しい日々だったな。


湿っぽいけど、最終回じゃないよー!


ここまで続けてこれたのはひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。


では、小説コン2回に向けて情報をまとめましょうか。



吾輩は考える。

小説コン第二回について。


まず大事なのが、12月1日に行われるジャンル再編である。

ここで、つけ間違えないように!!


色々、変わります。ラブコメから・・・恋愛とラブコメに分かれたり、現代アクションが現どらと現代ファンタジーに別れたりと。


さらに、コンテストの応募も結構変わります。上記で選んだ中で、

現どらとミステリーが合体したりと・・・


まじで色々。これはお知らせに書いてあるので、皆確認を怠らないように。それを基準に第二回コンテストの申し込みが始まります。



さて、毎度のごとくですが・・・10万文字以上が条件です。


それと・・・なんか色々・・・前回より細かい情報も多く・・・ひと通り見といた方がいいかも。


https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_002



審査レーベルもハッキリ書かれているのでそれを参考にするものありかもしれません。あと、20日ちょっと。それからはお祭り騒ぎが始まるでしょう・・・。なるべくいい騒ぎになるといいですね。受賞作の販売もあるし。読者が増えるといいですね♪


そして・・・吾輩は・・・不参加でござんす。したいけど出れない理由もありんす・・・。悲しかと・・・・


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます