第136話 吾輩・・・ホラー・・・

吾輩は深夜の魔力に負けていく――


どこからか鳴き声が聞こえる・・・・・・

だめだ・・・。


逃げても、逃げても――その音は大きさを増していく。

まるで、獣のような泣き声。


吾輩は倒し方は知っている。

だが――諸刃の剣


こいつは倒してもまた復活する、その度に――これをやっては――

吾輩もいつか死んでしまう。


膨大な魔力を必要とするそれは――吾輩の体を内部から蝕んでいく。

そして、破壊していく。

1回だけなら、さほどダメージも受けない。

だが、相手は無尽蔵に生まれてくる魔物。

倒しても、時間が経てば…………また復活してくる。

その度にこれをやってはいけない。


音は過激になりだす。まるで自分の中で反響するように大きくなっていく。

体が窮屈になる・・・。くそ・・・。

今日はしょうがない――相手してやる――今日だけだ――


吾輩は準備を進めるためにスイッチを押す。

そこからは白い霧が出てくる。


そして、2本の木の棒を巧みに使い、それを吾輩の体内に取り込んでいく。

毒だとわかっているのだけれど、


吾輩は戦い終えた後、後悔する。

また、これを使ってしまった――


腹の虫を倒すために。

深夜のラーメンは体に毒である。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます