第64話 番外編 吾輩は悟りを開く

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「うん、起きた」

「あら・・・昨日とテンション違いますね・・・」

「まぁ・・・寝たら忘れちまうたちなんで」

「・・・コロ助」

「なり~」


吾輩は考える。

まぁ、書き終わったし。あとはいっか。

待つだけで。おそらく、順位もあとは下がるのみだろう。

それでもいいかと思ってしまった。

だって、書いたものへのそれが評価だろう。それをどうこうしようとするのは違うような気もしてきた。2章は・・・。気が向いたら更新しよう。もう、ほぼできてるし。

あとはラストに向けて学園対抗戦後半を書くだけである。

さほど時間もかからんだろう。

気長にやろう。そして、コンテストの結果をみて、なろうにもコピーしよう。

それが手っ取り早い。


吾輩は考える。

読者が不足している・・・。これは間違いない。

ポケモンgoに夢中なのかもしれない。

10代は夏・・・読書をしないか・・・。まぁ、そうだろう。吾輩もしてなかったし。

普通に読まんだろうな。あとは、今いる読者の取り合いだろう。

気長に待つしかない。手に取ってくれるのを。


吾輩は考える。

ひとりでやるのってやっぱしんどい部分もあるな・・・。

何かイメージを伝える手段を考えなければ・・・。資料とかでもつくるか・・・。

キャラ設定とか・・・。

情報整理にもなるし。それでもやって過ごそうかな。

まぁ、時間が経てばPVも増えるし。ほっといたほうがいいのかもしれない。


吾輩は考える。

王様ゲームというものについて。

王様のいうことは絶対~。

吾輩は・・・・


拒否する!!知るか!!王を倒してやる!!

レジスタンスをなめるなよ!!下剋上だ!!


吾輩は考える。

テレンちゃん・・・つえぇ・・・。

ずっと一位だな・・・。あれを抜く作品が現れると面白い。

まだ読んでないけど・・・。正当な手段で抜くものがいればだけどね。

姑息な奴はだめだ。吾輩がイラつく。


吾輩は考える。

コミコンでPV0って作品がちらほらある・・・。

まじか・・・。誰か読んでやれよ・・・。

さすがに0はきついよ・・・。

せめて一人は読んであげて欲しい・・・。おおさわ親分・・・0のやつがいます。

今が出番です。


吾輩は考える。

編集長の1日1冊も止まっている・・・。

どうしたのだろう?もう、読みどころではない・・・ということなのか。

そんなのやってる場合じゃないのよ・・・ということだろうか。

まぁ、以前コンテスト中にレビューしたら批判がきたしな・・・。吾輩的にはいいと思うだけどな・・・。別にコンテスト中でも。

票があつまるって・・・。まぁ、元作家ばかりだとヘイトを溜めるのは目に見えるのはあるけど・・・。

つながりを疑われちゃうからな・・・。

しばらく、誰も動かなさそうな雰囲気はある・・・。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます