第59話 吾輩は『夜の海へ』繰り出す

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「蒸し暑い・・・いかん・・・頭が沸騰する」

「確かに熱いですね」

「そういえば、こうもりって夏バテとかないの?」

「私たちは夏から初秋にかけてが活発的な活動状態ですからね。いまピークに近いっす」

「そうか!!」


吾輩は歩き外に向かいながら考える。

これなら・・・きっと・・・

海までひとっとびだぜぃ!!楽勝。

へい、タクシー的なものである。やはり、楽ちんが一番いい。無料で楽ちん。


『蝙蝠、イン・ザ・マント』の久々の起動である。元気いっぱいなアイツらならきっと・・・。


吾輩は意気揚々と外に飛び出した。そしてこうもり達にロッカーっぽく話しかけた。

両手をアロハのマークにして。

「いくぜ、野郎共!!海へ行くお時間だぜ!!ロッケンロールーーーーーーーー!!ヒャッハーーーーーーーーー!!」


「・・・・・・・」


反応が返ってこない・・・・・・あれ?

みんな、お時間だよ・・・・。なんか、あわただしいな・・・。


「ちょっと、そこどいてくれ、アインツ!!邪魔だ!!」

「ほい・・・いや・・・あの」

「ちょこっとどいていただけますか?坊ちゃま」

「・・・すまん。夫人」

「あ、あ、あ、アインツさん!!どいて、どいて、どいて!!」

「・・・・ごめん」


空をいっぱい飛び回るこうもり達・・・邪魔者扱い。

主人なのに・・・土地を貸してあげてるのに・・・。くっ・・・恩を仇で返された。

目から塩水が溢れだし、吾輩は立ち尽くした。


「旦那、みんなおさんで忙しいんで、今日は非番です」

「えっ・・・おっさんで忙しいの?」

「お産です」

「えっ・・・。」

「繁殖期ですから。みな、子供が生まれたりして忙しいんですよ。旦那」

「な、な、な!?子供!?」

「そうです」


そうか・・・。新しい命が生まれるのか・・・・。そうか。

ならば、吾輩の命など取るに足らないこと・・・・そうだ。新しい生命ほど大切にしなければ・・・。それが、平和だ!!


「お前ら頑張れーーーー!!いっぱい産めようーーーーー!!」

「うるせぇいアインツーーーーーーー!!今、交尾の最中だ!!ムードを壊すな!!」

「ごめん・・・ちゃい」


こうもり様の交尾を邪魔してしまった。反省。反省。

吾輩はそそくさと外に出た。いつも通り心臓やぶりそうな坂を前に歩き出す。


吾輩は考える。

なぜ・・・吾輩の屋敷から外に出るとき・・・このルートしか存在しないのだろう。

ほぼ一本道。他のルートは分岐に行くまで出てこない。苦行だ。

くそ・・・。早く・・・。早く・・・誰か・・・直してくれ。

おそらく、道路建築法違反だ・・・。作っちゃいけない道路の基準があるはずだ。なんとかネクスコ気付け!!これはダメだって!!


吾輩は登り切った。膝を抱え呼吸を整える。

「旦那、よく頑張りましたね!!」

「・・・セバスチャンって・・・DTなん?」

「なんっすか?GT?ドラボンボールの話っすか?」

「・・・・・・なんでもない。そのままでいて」


間違いない。セバスチャンはDTだ!!

吾輩の眷属は汚れていない!!


≪つづく≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます