第49話 吾輩は漢を見る!!

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「これぞ漢の中の漢!!」

「やりきりましたね」

「うむ。」


吾輩は腐れ外道たちに心をダークサイドにぶち込まれそうになりながら、

漢によって、救われた。

その男は、リンゴ爆弾魔。

野生爆弾の親戚ではない。

いや・・・もしかしたら親戚かもしれない。

おそらく、水曜どうでしょう?と大泉洋をこよなく愛し、タカアンドトシと同様に欧米かっと突っ込むのであろう。

あの土地で酒を飲んだらさぞやうまいのだろう。おつまみというレベルを超えた、海産物たちが待っているに違いない。

吾輩は下戸である。


吾輩は考える。

怒りに身を任せては身を亡ぼすということについて。

まぁ、頭の血管がぶちぎれてしまう。

怒りすぎも良くない。寝れば忘れるたちなので、しょうがない。

もう、忘れている。楽しくやりましょう。


吾輩は考える。

おそらく、コンテストはなかった。

そうだ。きっと、そうに違いない。エッセイコンテストなんかなかったのよ!!

吾輩の目の錯覚だったか。変なランキングが見えたり、きっと幻覚よ。

間違いない。幻。

うふふ。


「あ…大きな星がついたり消えたりしている…。あはは。

 あぁ、大きい! 彗星かな? いや違う、違うな。

 彗星はもっとこう、バーッて動くもんな!」


「旦那!?戻ってきてくださいーーー!!」


※Zガンダムの最終回をご覧ください。


吾輩は考える。

トルコで・・・クーデターが起こったらしい・・・。まじか・・・。

現実なのか?

軍による反乱らしい・・・。

トルコアイスの様な粘りの交渉はなく・・・吾輩は泣く。

いつの世も武力で物を言わせる。

いつまでこれが続くのか・・・。ジャイアン方式が強すぎる。


吾輩は考える。

色々夏アニメを見ながら考える。

よく、1話切りとかある。1話で何がわかるのだろう・・・。

そもそも、1話切らずにみないことはあるが・・・。

見切り発車ならぬ、見切り視聴が横行する。

すぐさま、切られるアニメ。中には名作もあるだろう。

吾輩は切るより前に視聴していない。


吾輩は考える。

甘アマと雷という作品について。

設定がもうすでにずるい。子供と片親。一人は他界。

これだけで泣けてしまう。純真な子供が寂しい思いをするだけで涙がそそられる。

鉄板の設定というのは存在するのであろう。

お涙を頂戴される。赤ん坊と私。という作品も泣ける。

どうも、小さい子に弱い。涙腺が刺激される。

鬼の目にも涙があるのだろう。吾輩は吸血鬼バンパイアである。

吾輩は人である。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます