第32話 吾輩は書き殴っていた

吾輩は目を覚ました。こうもりが話しかけてくる。

「旦那、お目覚めですか?」

「うむ」

「それでは、どうぞ」


吾輩は集中して結構書いた。

デットエンドの2章が意外と長い……。

困った。困った。少し文章のレベルが上がってきている。レベル2ぐらいになったのだろう。まだ、ボキャブラリーの少なさは懸念がありすぎるが、まぁこんなもので今は良しとしよう。


吾輩は考える。

ちょい疲れたな・・・脳が眠気を醸し出す。

切りのいいところまで書くのが大変だった・・・。終わりたいけど、終われない。

謎である。夕食は何を食べよう?脳にやさしいものがいいかも・・・。


吾輩は考える。

エッセイコンテストの締め切りって、7月14日か。

けど、あれだな。その1週間前には遅くとも出さなければ評価がつかないだろう。

最初から続けている人が強いのだろう。

変な強さを持っている作品もあるが。


吾輩は考える。

遊びが行き過ぎてるかも・・・。

ちょっとやりすぎレベルでこれに時間を使いすぎているのかも・・・。

他にもしなきゃいけないことがあるのに・・・。

楽しいことばかりで生きていくのは難しい。苦楽ということが大事である。

最後に楽しくなるのが一番いいよね♪

体にピース!!


吾輩は考える。

もうすぐ、七夕か・・・。

今年は何をお願いしようか・・・・。

まぁ、世界が平和でありますように。皆が幸せでありますように。自分を含めて。

それだけでいい。


吾輩は考える。

やはり、キズナイーバーという作品は非常に出来が良かったです。

内容もさることながら、作画、音楽もすばらしかった。

これが人気でないのは悲しいというのもあり・・・。

人の感性なので、違いはあるのですが・・・。とてもいい作品でした。

作ってくれた人たちに感謝です。


吾輩は考える。

世界一体重が重い10歳がいるみたいです。

そりゃ、いますよね。最後の一人になるまで。

なんと、192キロ。

ここまでは現実設定で使えます。

10歳で192キロ。相撲を取らせたい。


吾輩は考える。

デリバリーピザっておいしい。

お店に行くと半額で買えたりもする。

たまに無性にピザが食べたくなる。

けど、一番はやっぱりいちごぱん。


吾輩は考える。

高級腕時計とかにあまり興味がない。

なんだろう・・・時間がわかればいいのだから、デザインとか・・・。

どうでもいいかも。

まぁ、ステータスを表すものであるので、目に見えて凄さを演出できるアイテムである。

おしゃれに気を使うのがめんどい。


吾輩は眠りにつく。


≪つづく?≫


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます