ぱ~ふぇくト。

 いつものバス停にて――


「サムスピのかんぜんシンサクっ!?」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事に食いついた。


「Switchで12ガツ12ニチにハンバイっ! おぉ! 11ネンぶりのシンサクかぁ~……」

 イブキが剣戟を中心とした格闘ゲ~ムを思い出す。


「いかりゲ~ジやイッセン、ヒオ~ギなんかのシステムはそのままサイヨ~! いいね、いいね。あのイチゲキもらったらひっくりかえるキンチョ~カンのあるバトルが――」

 イブキがそんな事を言っている隣では、


「おいし~ケド不健康なイメ~ジのあるラ~メン。あるお店が一日の必要栄養素が全部っはいったラ~メンを開発?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「一日に必要な栄養素の三分の一を取れる完全栄養食――三分の一? 一日に五食とったらオ~バ~しちゃうじゃない??」

 月夜が自分の尺度でそんな事をいう。


「まあ、いいわ。麺にタマゴやタピオカ粉――タピオカっ!? ス~プも煮干しの味を全面にだし背脂や醤油は控えめにする事で完成したか~……ヘルシ~な感じよね~。タピオカ粉ってやっぱりタピオカを粉々にしたやつなのかしら?」


「タピオカってコナゴナにできんのぉ~? ケッコ~だんりょくあるよねぇ~?」


「そもそもタピオカってなんだろうね?」


「う~みゅ……カエルのタマゴ?」


「似てるケド……違うでしょ」


「じゃ、なんのタマゴなんだろぉ~?」


「タマゴじゃないじゃない? それよりも完全栄養食ラ~メンね~。牛丼もタマゴとネギいれたら完全栄養食になるのよね~」


「そっかなぁ~? いろいろたんないきがするけどぉ~」

 月夜の言葉にそう疑問を口にするイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます