こんブ。

いつものバス停にて――


「タコヤキ一舟が八八円っ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、タコヤキチェ〜ンのイベント記事を見ていた。


「八月八日の八八名様限定か〜……食べながら他の店舗に移動かな? 近くにある店舗の場所押さえておかないと!」

月夜がそんな風に大量ゲットの算段をする。


「やっぱし開店と同時かしら? 木曜日? 平日だケド夏休みだし〜……う〜ん……」

そんな風に作戦を考えている月夜の隣では、


「コンブのダシがウミのなかででないリユ〜がソ〜ゼツとTwitterでワダイ?」

イブキがそんな記事を読んでいた。


「コンブだしいいよねぇ〜オデンとかしゃぶしゃぶにいれるけど、そ〜いえばミズダシだよねぇ〜……なんでウミのなかではでないのかなぁ〜?」

頭上に『?』を浮かべながら、


「ね〜ね〜月夜。なんでだとおも〜う?」

隣でタ〜ゲット――もとい近隣の店舗を検索している月夜に聞く。


「さぁ? がんばって耐えてるんじゃないの」

投げやりぎみにそう返す。


「まさか、そんなワケ――ホントだったっ!」

画面を下へとスクロ〜ルさせ出てきた答えに驚く。


「セ〜メ〜かつど〜してるときはウマミせ〜ぶん――エ〜ヨ〜がそとにでていかないよ〜にがんばってたえてる! うぅ……コンブはカイテ〜でユラユラしてるだけでいいなぁ〜……っておもえなくなちゃったっ‼︎」


「アンタそんな事思ってたの?」


「だって、たのしそ〜だし」

海底でユラユラまったりとしたいだけのイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます