20190K。

 いつものバス停にて――


「チキンラ~メンに新味っ!」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「その名も――ビ~フ味と豚骨味? ん? チキンよね? さらに牛や豚を入れちゃうの??」

 月夜の頭の中でヒヨコと牛と豚が草原で戯れている牧歌的なイメ~ジをする。


「喧嘩とかしないのかしら?」

 突然、ヒヨコが牛を突っつくと、真っ赤に怒った牛が豚に体当たりをして、豚はヒヨコを前足で薙ぎ払う! 牧歌的な雰囲気は一瞬で焼失した。


「味がうまく調和すればいいケド……」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「ち、チョッケ〜130メ〜トルのインセキが25ニチにチキュ〜とニアミスしていたっ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「しかも、ソンザイをかくにんしたのはゼンジツの24ニチ……もしショ〜トツしてたらト〜キョ〜とおなじお〜きさのクレ〜タ〜ができていた……あぶないとこだったのかぁ〜……」

空を見上げながら、


「月夜のうえにおっこちてきたら、なんとかなるのになぁ〜」

そう洩らすイブキ。


「えっ! ウチに受け止めろ! ってゆ〜事?」

イブキの期待感に満ちた視線を受けながら、そういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます