たいぐン。

 いつものバス停にて――


「コ~シのチカラでスイシンするウチュ~せんのテストきLightSailかぁ~……」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「コ~シのチカラ……」

 イブキの脳裏で黒鉄の城がブレストファイヤ~を放つシ~ンをイメ~ジする。


「きっと、すっごいパワ~なんだろな~なぁ~……」

 光子力ビ~ムで大地を焦土に変えるシ~ンをイメ~ジする。


「じっけんは7ガツの21ニチ。タイヨ~からはっせ~するコ~シのチカラをとらえてスイリョクにかえ、すすむウチュ~せん――イメ~ジてきにはウチュ~ヨットはネンリョ~をヒツヨ~としないためにチョ~キのウチュ~け~かくなどにシヨ~できるかぁ~」

 記事を読みながらヨットを軽快に操るマジン〇~Zをイメ~ジするイブキの隣では、


「奈良博物館前に鹿が大集合?」

 月夜が動物系のニュ~スをまとめているアプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「うわっ! こ、これはすごいわね~……」

 記事に添付されていた画像が読み込まれ、そこに写っていた大量の鹿群団を見ておもわず、そんな声を洩らす月夜。


「んっ!? なにコレっ!!」

 おなじく画像を見たイブキもそんな声をあげる。


「暑くなると、博物館の芝生のうえで涼みにくるんだって、地元では夏の風物詩らしい~わよ」

 記事の読みながら、そんな補足をする。


「へェ~……こ~してるとカワイイけど、シカさんはなぁ~……」

 イブキは奈良公園で鹿の大群に追い回されたり、ツノでスカ~トをめくられたり、油断しててスカ~トをハムハムと食われたりした過去を思い出しながら、


「暑さで大人しいらし~わよ」


「じゃ、アンシンかなぁ~」


「こんだけいるしウチでも触れるかな?」


「いやいや。そこは月夜がきたらぜんりょくでにげるでしょ!」

 バッサリとそう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます