そふとますタ〜。

いつものバス停にて――


「セブンのロ〜ストビ〜フサンドの肉量がすごい?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「へぇ〜……そんなんでてるのね〜……」

商品画像を見ながら、そんな事を言うと続きを読み進める。


「溢れるほどの肉と山ワサビソ〜スと玉ねぎ醤油ソ〜ス……噛むほど肉のうまみが感じられる一品か〜一回食べてみようかしら?」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「にほんのめずらしぃ〜ソフトクリ〜ムかぁ〜……」

イブキがそんな記事を読んでいた。


「ソフトマスタ〜のイブキさんがうなるのはあるのかなぁ〜」


「ヴィ〜ガンたいお〜のニュ〜セ〜ヒンつかわないソフトはビックリしたけどねっ! でも、ニュ〜セ〜ヒンつかってないならクリ〜ムじゃないよねっ‼︎ いろがアオでばえるんだけど、あんまりショクヨクはね〜」

そんなソフトクリ〜ムの無駄知識を口にしながら、


「エビソフトクリ〜ムっ⁉︎」

記事内にでてきた文字に驚きの声をあげる。


「イブキさんでもしらないなぁ〜……エビ……エビ…のソフト……」

イブキはクリ〜ムに擦りつぶつぶされたエビが練りこまれたモノをイメ〜ジする」


「しろいソフトにてんてんとエビのあか……ビジュアルはいいかもぉ〜……ばえるかはわっかんないけど……」

そう言っている間にエビソフトクリ〜ムの画像が読み込まれる。


「……こ、これはっ⁉︎」

それを見たイブキは――


「これはエビとソフトクリ〜ムだよっ!」

ソフトクリ〜ムのコ〜ンの端っこにひっかけられた海老が乗った物をそう評すソフトマスタ〜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます