じはんキ。

いつものバス停にて――


「しんがたSwitchのジョ〜ホ〜りゅ〜しゅつかっ⁉︎ ジョイコンいったいがたのガゾ〜がでまわるっ!」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜ステの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「チュ〜ゴクのゲ〜ムメ〜カ〜からSwitch Miniとゆ〜なででまわっている……う〜みゅ……これがシンガタなのかなぁ〜……? ジョイコンがはずれるのをオミットして、がめんサイズもちょっとちいさく……ケ〜タイしやすいSwitchにはなってるよねぇ〜」

読み込まれた画像を見ながら、


「あとはネダンかなぁ〜……ケ〜タイきなら2マンエンきってたらすっごいけど……そこまでさげられるかなぁ〜?」

イブキがそんな風に新型ゲ〜ムハ〜ドの事を考えている隣では、


「自分専用の自販機?」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「三五〇ml缶が一〇本はいる自販機型保冷庫……」

デスクのうえに置かれた自販機風っぽい保冷庫の画像を見ながら、


「こんなんあるのね〜」

月夜がそんな事を言うと、


「かわったジハンキならカゴシマとかにクレ〜プのジハンキとかあるよぉ〜」

イブキが証拠の画像をスマホ画面に写しながら、


「クレ〜プの自販機?」


「そそ。こ〜ゆ〜のあるといいよねぇ〜」


「クレ〜プがるなら牛丼もっ⁉︎」


「フツ〜に24ジカンやってるじゃん!」

月夜のおもいつきにそう言い返すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます