ふらっぺ。

いつのバス停にて――


「ミルクキャメルにメロンあじかぁ〜」

イブキがお菓子の新作情報を見ながら、


「シリ〜ズのなかでイッチバンにんきだったフレ〜バ〜がふっかつっ! そ〜なんだぁ〜……メロンあじのキャメルかぁ〜」

商品画像を見ながら、そんな事を言う。


「う〜みゅ……たべてみないとわっかんないかなぁ〜……」

甘い物が好きなイブキがそんな事を言っている隣では、


「牛丼チェ〜ンから新メニュ〜っ⁉︎」

グルメ系アプリの中にあった、そんな記事を月夜が読んでいた。


「なにかしら? 冷やし牛丼――冷や牛はじめましたとか宣伝しそうね」

ワクワクしながらそんな事を言う。


「暑いときこそガッチリ系よね〜。超メガスペシャル特盛とかいいわね〜」

月夜が店の天井まで届きそうな肉盛り丼をイメ〜ジする。


「こなんでないかしら?」


「そんなんど〜やってたべんの?」

まるで月夜の頭の中が見えたようにそういってくるイブキ。


「もちろん下のほうから崩さないように食べるのよっ!」


「それにニクとゴハンのリョ〜がぜんぜんあってないよ〜なぁ〜?」


「肉一〇に対してご飯一の割合だからい〜のっ!」


「そもそもしんメニュ〜はフラッペみたいだよ」

月夜のスマホを横からスクロ〜ルさせながら、


「牛フラッペねっ!」


「ううん。フツ〜にミルクコ〜ヒ〜とソ〜ダだよ」

そう言いながら牛フラッペなる物が全くイメ〜ジできないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます