お〜きサ。

いつものバス停にて――


「乾電池が未使用かど〜か調べる方法?」

月夜がそんなタイトルの記事を読んでいた。


「数センチの高さから硬いトコに縦に落とし跳ね返った物は使えない。へぇ〜……そ〜なんだ〜」

感心したように洩らしつつ、続きを読み進める。


「放電するときに内部でガスが発生し、若干軽くなるのと、そのさい少し膨張してバウンドしやすくなるから……なるほどね〜。これは憶えておくといいかも?」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「あ、あのロボがハンバイされるっ⁉︎」

テクノロジ〜系ニュ〜スを見ながらイブキがそんな事を言っていた。


「アイアン○ンのヒュ〜マノイドロボがでるっ‼︎」

イブキはクモの人が活躍する映画にでてきた等身大、能力も本人をそう変わらない自立ロボをイメ〜ジする。


「あれがでんのかぁ〜……しかもスマホかソ〜サかの〜っ!」

記事を興奮しながら読んでいると、商品の画像を読み込まれる。


「うん……そ〜だよねぇ〜……」

読み込まれた画像――三頭身で手の平に乗りそうなロボットの画像を見るなりテンションダウンする。


「イブキさんのこのみはもっとデッカいのっ!」

両手をあげながらそう叫ぶと、


「そ〜よね〜。丼物はやっぱり大きいのよね〜」

なぜか月夜がそう言って間違った同意をしてくるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます