れたス。

 いつものバス停にて――


「スパイダ~マっ! とピザポテがコラボっ!」

 イブキがグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「カルビ~プラスのテンポでピザポテあじのコロッケをハンバイ……ピザポテあじのコロッケ……しかもスパイダ~チ~ズソ~スかけほ~だいっ!」

 イブキは網目状にチ~ズソ~スをかけられたコロッケの画像を見ながら、


「う~みゅ……エ~ガかんでうってくれたらたべたんだけどねぇ~……ぜんこくに9テンしかないトコでハンバイじゃ~たべるキカイなさそ~だなぁ~……おいしそ~なのに……」

 イブキが残念そうにそう言う隣では、


「セブンのレタスが話題?」

 月夜もグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なにかしら? レタスが話題??」

 月夜はコンビニの冷蔵ショ~ケ~スの棚にレタスがまるごと『どんっ!』ってある様をイメ~ジする。


「しかも話題って事はフツ~のレタスじゃないのよね~……」

 そういいながら、普通ではない様子を想像する。


「う~ん……普通じゃないレタスね~」


「ナナイロにひかってるとかじゃない!」


「それは確かにフツ~じゃないケド、食べ物の色じゃないわよね~群馬県産レタスのシャキシャキレタスって商品名なんだけど……」


「レタスが2かいでてるね……じつはレタス2つとか」

 月夜のイメ~ジの中の商品棚にレタスが2つになる。


「コンビニで二つレタス買わないわね~……でも、それだけで話題になるかしら?」

 実はサンドイッチだという事にきづかない二人は首を傾げるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます