よ~どラ。

いつものバス停にて――


「PS5は2020ネンに5マンエンでハンバイかぁ〜……」

イブキが経済アナリストの記事を読みながら、


「アナリストとブンセキによるとシヨ〜はマンテンのセ〜ノ〜……う〜みゅ……スペックがたかくてもまけハ〜ドにるカノ〜セ〜があるのがゲ〜ムだかんねぇ〜……」

そういいながら様々なハ〜ド――主にセガハ〜ドを思い出す。


「リモ〜トプレイのカンキョ〜だよね! ジダイはもうもちはこび! モニタ〜のまえでドッカリはもうふるいんだよっ! さいしょvita のときもショ〜ゲキだったけど、スマホたいお〜もすごかった! もんだいぁ〜1、5Mぐらいのツ〜シンソクドないと、まともにできないコトかなぁ〜。でも、5Gきたらかわりますよっ! ジギョ〜ちゅ〜にディズゴ〜ンですよ! アイアンマイクはイブキさんのオットですっ‼︎」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「なかなかおもしろいわね。これ」

月夜がサブスクリプション系の動画サ〜ビスで海外ドラマを見ていた。


「えっ! ど〜なんのコレっ‼︎」


「なになに? 24でもみてんの?」

イブキが毎回四八分辺りでハプニングが起こる有名ドラマを口にする。


「いや。恋愛ドラマなんだケド……ホ〜ムパ〜ティで出された料理を食欲がないって断る娘とか……」


「……れんあいドラマなら、ちょくぜんにそれっぽいアクシデントなかった?」


「そ〜ゆ〜時はむしろ食べるべきじゃない? 何するにしても食べて体力つけないとっ!」


「月夜はどっちかってゆ〜とサバイバルドラマのほうがあってるきがする」

ゾンビ世界でボウガンを持って暴れまわるワイルドな男性の隣でネズミをかじりつつ共闘する月夜の姿をイメ〜ジするイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます