さいばイ。

いつものバス停にて――


「アメリカのヒュ〜ストンでなんかいもおなじばしょへラクライするめずらし〜ゲンショ〜がかんそくっ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「じもとのニュ〜スによると、そのバショには11カイもカミナリがおちたとゆ〜……いやいや。これはぜったいだれかユ〜シャてきなヒトがたたかってたんでしょ! ギガブレイクとライディンストラッシュのオ〜シュ〜だったんだよっ!」

イブキがそんな風に最強騎士の戦いを思い浮かべている隣では、


「スマ〜ト自戒栽培装置っ⁉︎」

テクノロジ〜系ニュ〜スを見ていた月夜がそんな声をあげた。


「コ〜ヒ〜メ〜カ〜とほぼ同サイズの機械でおいし〜物を栽培できるか〜……いいじゃないっ!」

興奮ぎみに続きを読み進める。


「三段構造で一番うえはLEDライトでカイワレ大根などを栽培、中段はレンズ豆やヒヨ豆などの新芽、一番下はクルミやア〜モンドを浸す事ができる――牛丼はっ⁉︎ どっかに牛丼栽培できる箇所っ‼︎」


「……月夜。ギュ〜ドンはハエテこないよ」

呆れ顔でそういうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます