どじっコ。

いつものバス停にて――


「世界遅いデリバリ〜ピザ?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「遅いって……速いならわかるケド……ど〜ゆ〜事かしら?」

首を傾げながら、続きを読み進める。


「注文を受け付けて最短で四ヶ月……最長で一年と半年……確かに遅いわね。遅い理由は注文を受け付けてからチ〜ズを熟成させるため……熟成チ〜ズにこだわった一品か〜……一回は食べてみたいケド、四ヶ月か〜……」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「インドかいぐんのサイシンエ〜せんすいかんがちんぼつっ⁉︎」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なんだろぉ〜ジコかな〜? メガロドンにやられちゃったのかなぁ〜?」

そんな事を言いながら続きを読み進める。


「さんおくドルをつぎこんでケンゾ〜されたインドのサイシンエ〜センスイカン――ハッチをしめわすれてセンコ〜し、そのままチンボツ……なおジョ〜ムインがぜ〜んいんぶじ」


「そんな事あるのっ⁉︎」

月夜がおもわずそんな声をあげる。


「フツ〜はないんだけど……」


「あるじゃない」


「う〜みゅ……フツ〜はぜんハッチとじてキミツがたもたれてからセンコ〜すんだけど……」

そう言いながら戦略ゲ〜ムでうっかり宇宙に地上用のモビルス〜ツを配置しちゃった自分の過去を思い出す。


「きっとドジっこだったんだよ」


「それで済むのかしら〜?」

他人事のようにそういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます