しつとりョ〜。

いつものバス停にて――


「おぉ! サムスピモデルのミニがでるんだっ!」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「しょだいにハオ〜マルにザンクロ〜ムソ〜がシュ〜ロク……ショダイはあのひっさつわざよりもダイギリイッパツのがつよいバランスがショ〜ゲキてきだったよね! アスラやサムライだまし〜はなしかぁ〜……サムライだまし〜はいれてほしかったなぁ〜……ストEXみたいなムイミな3Dか! なぜかそこそこおもしろんだよねぇ〜」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「濃厚牛まぜそばっ!」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、カップ麺の新商品を見ていた。


「最近、まぜそば系のカップ麺増えてきたわよね〜。汁がなくて食べやすいし、ちょっと残った汁にごはん混ぜるのもいいのよね〜」


「でもシルないと、なんかソンしたキブンになんない?」

イブキがそう口を挟んでくる。


「ウチも最初はそ〜思ったケド、美味しければいいかな〜」


「ふ〜みゅ……いつもリョ〜リョ〜っていってるのに」

釈然としない表情のイブキ。


「もちろん量も重要よっ! 」


「けっきょくおいしくっていっぱいあるのがイチバンなんだね」

そう締めくくるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます