しみゅれ〜しょン。

 昨日と同じバス停にて――


「ふむふみゅ……NASAによると3ガツ26ニチにハッケンされたインセキが2027ネンに100ブンの1のカクリツでチキュ~にショ~トツするショ~ワクセ~がある……」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「100ブンの1かぁ~……ウチュ~かんけ~のカクリツならかなりたかいほ~だね! これはキタイできるかも?」

 何を期待しているのか、そんな事を言って続きを読み進める。


「もしホントなら8ネンごかぁ〜……8ネン……イブキさんならいろいろできそ〜かなぁ〜?」

そう言いながら、地球を救うために考える。


「マクロ○やヤマ○つくってダイコ〜ケ〜ビ〜ムでやきつくしたり」


「もっとかんたんにイブキさんがショ〜ワクセ〜にいってバクダンせっちするのもいいなぁ〜」


「アンタすっごい万能キャラね」


「ふふん♪ イブキさんがなんかいチキュ〜すくったとおもってんの」


「ゲ〜ムでしょ? それにそこの記事に架空のシナリオって書いてあるじゃない」

月夜がスマホ画面を指しながら、


「ホントだっ⁉︎ ショ〜ワクセ〜こないんだぁ〜……」

残念そうにそう洩らすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます