ごひょ〜キ。

いつものバス停にて――


「一万円で納豆が一生食べられるサ〜ビスか〜」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「このサ〜ビスを買うと茨城県水戸市にオ〜プン予定の納豆ごはん専門店の梅コ〜スをずっと無料で食べられる。茨城周辺の人にはよさそ〜ね。ウチにはちょっと遠いかな〜……」

残念そうに洩らす月夜の隣では、


「お〜てツ〜ハンサイトで6トンのセンザイがソ〜リョ〜こみで2980エンっ⁉︎」

イブキがそんな声をあげた。


「ソ〜リョ〜こみって……10トントラックではこんでくんのかなぁ〜?」

荷台を洗剤で満載にしたトラックをイメ〜ジする。


「こんだけあったらイッショ〜こまんないんじゃないかなぁ〜……」

家事全般を任されているイブキは生活費の余りを自分の物にできるのでこ〜ゆ〜安売りは逃さない。


「もんだいはホカンするトコだよね〜。6トンなんってまったくソ〜ゾ〜できないし……」

なぜか月夜を六人をイメ〜ジする。


「ウチは一トンもないわよっ!」

イブキの頭の中がみえたようにそう言ってくる。


「それにそれ間違いでしょ? 内容量六四八〇グラムって後に八一〇kg×八箱ってなってるから、なんかの間違いで『k』いれちゃっただけじゃない」

画面を指しながら、そういってくる月夜に、


「わかってるけど、もしかしたらワンチャン」


「ないわよ」

とりあえず安いのには変わりないので購入するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます