ぎじゅツ。

いつものバス停にて――


「階段を登って配達する犬型ロボットがラスベガスで実働試験!」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「トラックから自立歩行して搭載された各種センサ〜を駆使して段差や障害物をさける! マイクやレ〜ザ〜センサ〜も搭載されているので真っ暗闇でも問題なく稼働できる。犬型ロボットか〜……」

実用品に愛玩的な要素を求める月夜。


「いままでドロ〜ンついらくのゲ〜インとなっていたジュ〜シンせ〜ぎょぎじゅつ――それをオ〜ハバにカイゼンされたドロ〜ンがユソ〜のミライをになうかぁ〜」

こちらもテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ロボットで宅配とかいつになったら実用化されんのかしら?」


「ドロ〜ンのク〜ユもね〜」


「こ〜いった記事は結構でてるのに街中で見かけないし……」


「デンセンはったり、ハシげたのロ〜キュ〜かしたブブンのチョ〜サなんかにはつかってるみたいだよ」


「も〜ちょっと一般に普及しないかしらね? こ〜ゆ〜海外の記事を読んでると、日本がドンドン遅れているような気がするわ」


「いや〜ニホンもスゴいよ〜」


「そなの?」


「バ〜チャルユ〜チュ〜バ〜とかアット〜てきにおおいし650にん(?)イジョ〜もいるだよっ!」


「そ〜ゆ〜技術はど〜でもいいかな〜」


「そ〜だね。もっと、こ〜――」


「そうそう」


「「ガン牛ダ製造機」」

二人の求める先はまったく違うようだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます