ヤ。

いつものバス停にて――


「へぇ〜……目薬って目に垂らした後に目頭押さえないと効果ないんだっ⁉︎」

月夜が正しい目薬のさしかたという記事を読んでいた。


「上をむいて点眼後にまばたきしてたケド……そ〜するとほとんど効果がない! あぁ……ウチぜんぜんダメな事してたんだ〜」

目薬をつくってる製薬会社の解説がでてくる。


「目頭には涙点という鼻のほうに流れるものがあって、そこを押さえないと目に留まらない……正しい点眼の仕方は垂らした後、目を閉じて目頭――涙点を押さえる。そ〜なんだっ! 今度やってみよ」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「オ〜ストラリアでヤをうけたダンセ〜、スマホがタテになってイノチをすくわれるっ!」

イブキがそんな記事を読んでいた。


「おぉ! ホントにおこんだっ! こんなコトっ‼︎」

興奮ぎみにそう洩らす。


「このヒト、これからキズのあるスマホをシテキされるたびのこのエピ〜ドかたれるね! いいなぁ〜」


西部劇にでてきそうなバ〜でスマホをいじる男性、その画面には大きな傷が――バ〜テンダ〜がその事を指摘すると男はニヒルな笑みを浮かべ――


「コイツには命を救われてね」

男はそういってスマホのキズを愛おしいく撫でる。


「カッコイイっ! イブキさんもやってみたいっ‼︎」


「カッコいいかな〜? そんな事よりもオ〜ストラリアって矢飛んでくんの? 百歩譲って銃弾とかじゃないの? なんかいろいろ呑み込めないんですケド……」

不満顔でそういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます