ぷれ〜ト。

いつものバス停にて――


「メガドラミニのシュ〜ロクタイトルをきめるト〜ヒョ〜かぁ〜」

イブキはゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ソニックとぷよぷよとシャイニングを1と2どっちにするかをきめる……う〜みゅ……ソニックは12どっちもほす〜きがする……ぷよぷよは2だけでよさそ〜。シャイニングもどっちもほし〜かな〜?」

イブキが個人的にそう言っている隣では、


「冷めたピザを撲滅するために開発された。究極のアイテム?」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「フ〜ドウォ〜マ〜プレ〜ト。ピザだけじゃなく上にのっければハンバ〜ガ〜やコ〜ヒ〜なども一緒に保温できる」

月夜は宅配ピザの箱ごとプレ〜トにのっけってある画像を見ながら、


「六〇〜から一一〇まで温度設定できて鍋なんかの保温もできる……これがあればピザ三枚とか頼んでも冷める心配ないわね〜……今度から五枚とかでもへ〜きかしら?」

五段に重ねたピザ箱をしてイメ〜ジしながら、そんな事をいう。


「牛丼も保温できないかしら?」


「ドンブリがあったかくなるぐらいじゃない?」

大量のホカホカ牛丼をイメ〜ジしている月夜にそういうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます