しんド~。

 いつものバス停にて――


「へぇ~……あの牛丼屋チェ~ンでペイペイが使えるようになんだ~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「しかもプレミア牛めしが八〇円やすくなるのね~。上限の一〇〇〇円も牛丼屋なら使いやすい金額ではあるわね」

 そんな事を言いながら実際に店舗で使っている様子をおさめた画像がでてくる。


「そっか! ここって券売機だから機械でやりとりするんだ。券売機にむかってQRコ~ドをかざすだけでいいのね」


「また全額キャッシュバックやってるし、しばらくはココに通う事になりそう!」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「プラモつくるときにつかうニッパ~をコ~セ~ノ~にしたシナっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「そのシナはチョ~オンパカッタ~っ! まいびょ~4マンカイのチョ~オンパシンド~をヤイバにくわえるコトでシンド~、きれあじ、まさつねつによる3つのサヨ~でセツダンするっ! プログナイフじゃん!」

 巨大人型決戦兵器の姿を思い浮かべながら、


「そっか~。ついにジツヨ~かされんだ~。やっぱしきるときにヒバナとかでるのかなっ!?」

 そんな事を言いながら続きを読み進める。


「2、26000エン……やっぱしさいせんたんだモンね。イブキさんはニッパ~でいいや」

 価格を見てそういうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます