やリ。

いつものバス停にて――


「富山県にあるコンビニのクセがすごい? なにかしらコレ??」

月夜がTwitterで話題のそんな記事を読んでいた。


「おにぎり? 手作り感でてるだけで特に変わったトコなさそうだケド……」

読み込まれた画像を見ながら、


「んんっ⁉︎ イノシシとシカのおにぎりっ⁉︎」

味が書かれたトコにある、そんな文字を見つけ驚く。


「まあ、でもジビエぐらいなら……」

そういってさらに読み込まれたサンドイッチ画像を見る。


「キノコたけのこチョコサンドイッチっ⁉︎ しかも山菜じゃなくってお菓子のヤツだしっ⁉︎」

月夜はキノコとタケノコ型のチョコ菓子がサンドイッチのパンに挟まれている画像をも見ながら、


「あ〜……これはクセ強いわね〜。でも、シシ肉おにぎりは一度食べてみたいかな〜」

そんな事言う月夜の隣では、


「ウチュ〜のゴミをテッキョするさいしんのヤリ?」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「いいね! こ〜ゆ〜のダイスキっ‼︎」

テンションをあげながら続きを読み進める。


「かんでんジド〜かされたうちこみシステムはジッサイのホゲ〜をおこなうさいにおこなうリョ〜シさんのうごきをマネたモノ、ささったあとにカイテンしぬけにくくなるっ! いいね! そ〜ゆ〜セッテ〜すきっ‼︎ これでウチュ〜じんきてもキョダイロボやってきてもへ〜キだね」


「使用用途変わってない?」

未知の侵略者と戦う様をイメ〜ジしているイブキにそうツッコム月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます