きゃらまン。

いつものバス停にて――


「おぉ! ピザポテトのシンサクっ⁉︎」

イブキが大好きなスナック菓子の新商品情報を見ながら、


「ピザポテト……ヌ〜ドル?」

出てきたカップ麺画像に表情を曇らせる。


「う〜みゅ……」

微妙な表情になりつつも続きを読み進めるイブキ。


「ニオイはかんぜんにピザポテ、ゴロゴロしたグザイはチ〜ズでおゆをそそぐっとトロっとイイかんじにとろける……かんじんのアジは……アジはピザポテ……そこまでピザポテトならたべてみよっかな〜?」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「ハロ〜キティまん……」

月夜が新作の中華まん情報を見ながら、そんな声を洩らしていた。


「毎回おもうケド、こ〜ゆ〜のってキャラの顔だしなんか食べづらいのよね〜」


「へェ〜いきたゾンビってゆ〜ほどなんにでもくいつく月夜がそ〜なんだ」


「誰よそんな事いってんの?」


「イブキさん。でも、たしかにコレはたべづらいかも?」


「同じキャラものでも、も〜ちょっと食べやすい感じに……」


「どんな?」


「既に半分ぐらい食べられてて、涙目になって吹き出しとかで『たべないで……』みたいな」


「ヨケ〜たべづらいよっ!」


「そう? ここまでは食べられちゃったら全部いくか〜的な感じに――」


「なんない!」

月夜の意見を全否定するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます