ど〜なっツ。

いつものバス停にて――


「おぉ! しんがたのSwitchはコガタでケ〜タイセ〜をたかめたモノになる」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ついにコ〜シキでコメントでたっ! キノ〜はセ〜ゲンさてるけど、やすくなってコガタかされる。ソフトかいはつメ〜カ〜にはツ〜タツずみ。はやければコトシじゅ〜にかぁ〜……」


「これでもっとフキュ〜してくれたらいいなぁ〜……いまのトコ、カノ〜セ〜はドッグきの〜とカ〜トリッジスロットをなくなるカノ〜セ〜がシサされている……う〜みゅ……イチマンえんだいになるならシカタないかなぁ〜……」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「横浜のみなとみらいにあるショッピングモ〜ルで自分で揚げたド〜ナッツ食べほ〜だいっ!」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「自分で揚げて自分で味付けっ! その種類は驚きの一〇〇〇種類っ⁉︎ すっごいわね。なんでもできるじゃない」


「月夜ってそんなにド〜ナッツすきだったっけ?」

月夜の興奮ぶりに口を挟んでくるイブキ。


「ううん。そんなに好きじゃないケド……」


「なのにうれし〜の?」


「一〇〇〇種類あんのよっ! 牛丼もありそ〜じゃないっ‼︎」


「いや、ないとおも〜よ」

ド〜ナッツ牛丼を否定するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます