しゅんかン。

 いつものバス停にて――


「淡路島産の生ウニバ~ガ~?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「一日一食限定のハンバ~ガ~……すっごいわね一食のみなんだ~」

 豪華な木の箱にいれたれたハンバ~ガ~の画像を見ながら、


「ミョウバンをつかわずに塩水だ洗っただけの新鮮なウニを使用した、全く苦味のないウニ……苦味のない……」

 月夜は普段、回転寿司で食べるウニを思い出す。


「見た目はおいしそ~でも苦味あるのよね~……たまにあまりない物もあるケド……」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「しんジダイのケトル? なんだろ? エウレカケトルかな?? ゾクセ~たまってクリスタルでてくんのかな??」

 イブキがカップ麺がサムネ記事を見ながら、そんな事を言っていた。


「フタがトクシュなケイジョ〜になってて、うえからミズをそそいだだけでオユになる。しかもデンチでカド〜――すっごいなコレ」

商品紹介を読みながら、


「これがあればヤショクのカップメンとかすぐにできんじゃん!」


「次は牛丼よね〜」


「いや、そんなモノはできないって……」

唐突に口を挟んできた月夜にそう言い返すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます